ブラウザで遊べる『スーパーマリオ64 HDリメイク』が任天堂の申し立てにより削除

その他 全般

ブラウザで遊べる『スーパーマリオ64 HDリメイク』が任天堂の申し立てにより削除
ブラウザで遊べる『スーパーマリオ64 HDリメイク』が任天堂の申し立てにより削除 全 5 枚 拡大写真
『スーパーマリオ64』をUnityにてリメイクしたErik Roystan Ross氏の『スーパーマリオ64 HD』。その完成度の高さとブラウザからもプレイ可能という点から、公開直後からサーバーがダウンするほどの人気でしたが、任天堂アメリカからの申し立てにより削除されました。

これにより、ブラウザからプレイ可能なバージョンを置いているCloudFlareのサーバーページが停止。現在は削除要請に関するテキストが表示されており、オーディオやビジュアルを始め、ゲームのあらゆる要素が同社の保有する著作権を侵害していることが分かります。

CloudFlareから削除要請とともに抗議文の通知を転送されたErik Roystan Ross氏は、速やかにブラウザ版を削除するとともに、任天堂の弁護士に自分が熱心なファンであること、どういった経緯で『スーパーマリオ64 HDリメイク』を作るに至ったか、そしてあくまでもゲームは技術的なデモであり収益化のつもりはないことを伝えています。



Erik Roystan Ross氏は続けて問題が正しく十分に解決することを望んでいると述べ、状況を見守ってほしいことと必要であるなら協力は惜しまないこと、そして寛大な処置を求めています。

なお、Erik Roystan Ross氏のブログ上ではブラウザ版こそないものの、ファイル形式版が今なお公開されています。

《scarecrow》

この記事の写真

/
コメントを投稿する

関連ニュース

PCサイト