ブラウザで遊べる『スーパーマリオ64 HDリメイク』が任天堂の申し立てにより削除

ブラウザで遊べる『スーパーマリオ64 HDリメイク』が任天堂の申し立てにより削除
ブラウザで遊べる『スーパーマリオ64 HDリメイク』が任天堂の申し立てにより削除
写真 5 枚 拡大する
『スーパーマリオ64』をUnityにてリメイクしたErik Roystan Ross氏の『スーパーマリオ64 HD』。その完成度の高さとブラウザからもプレイ可能という点から、公開直後からサーバーがダウンするほどの人気でしたが、任天堂アメリカからの申し立てにより削除されました。

これにより、ブラウザからプレイ可能なバージョンを置いているCloudFlareのサーバーページが停止。現在は削除要請に関するテキストが表示されており、オーディオやビジュアルを始め、ゲームのあらゆる要素が同社の保有する著作権を侵害していることが分かります。

CloudFlareから削除要請とともに抗議文の通知を転送されたErik Roystan Ross氏は、速やかにブラウザ版を削除するとともに、任天堂の弁護士に自分が熱心なファンであること、どういった経緯で『スーパーマリオ64 HDリメイク』を作るに至ったか、そしてあくまでもゲームは技術的なデモであり収益化のつもりはないことを伝えています。



Erik Roystan Ross氏は続けて問題が正しく十分に解決することを望んでいると述べ、状況を見守ってほしいことと必要であるなら協力は惜しまないこと、そして寛大な処置を求めています。

なお、Erik Roystan Ross氏のブログ上ではブラウザ版こそないものの、ファイル形式版が今なお公開されています。

《scarecrow》

インサイド公式アプリも無料配信中
スマホゲームに特化したAppフェスも

関連リンク

コメントを投稿する

編集部のおすすめニュース

ゲーマー注目アプリ

総合アクセスランキング

  1. 『グラブル』アプリ不要のPCブラウザ版が登場、ガチャの仕様変更なども明らかに
  2. もし『オーバーウォッチ』のヒーローが『DARK SOULS』に登場したら…海外発ファンアート集
  3. ファミコン向け新作ゲーム『キラキラスターナイトDX』7月発売!8BITの限界に迫るACT
  4. ナース姿の「モリガン」フィギュア9月発売、西村キヌ描き下ろしイラストが公開
  5. 「劇場版 艦これ」描き下ろしの特製クリアフォルダー付き前売券第1弾が6月11日発売決定
  6. 中学の授業にも『マインクラフト』導入、5月から全世界100校以上で実施
  7. 『グランツーリスモSPORT』はゲームの域を超える?カンファレンスで発表された重要事項まとめ
  8. 1人で開発した『ケツノアナ』Steamで配信開始!クォータービューで進むSTG
  9. 60fpsでぬるぬる動くPC版『閃乱カグラ SV』Steamで6月リリース!日本語も収録
  10. 『PSO2』本日のアプデ詳細到着!ヒツギのサブイベント、カエルハット、カメラヘッドなどを実装
ページトップに戻る