【アナログゲーム決死圏】第14回:『フロストグレイブ』で始めるミニチュアゲーム ~組み立て方 その1~

その他 玩具

【アナログゲーム決死圏】第14回:『フロストグレイブ』で始めるミニチュアゲーム ~組み立て方 その1~
【アナログゲーム決死圏】第14回:『フロストグレイブ』で始めるミニチュアゲーム ~組み立て方 その1~ 全 15 枚 拡大写真
前回紹介したミニチュアゲーム『フロストグレイブ』が先月ついに発売! 読者のみなさんの中には、『フロストグレイブ』からミニチュアゲームを始めてみようと、さっそくミニチュアやルールブックを買ったという方も多いはず。(フロストグレイブの解説はこちらからどうぞ)



そこでアナログゲーム決死圏では、これから何回かに分けて『フロストグレイブ』からミニチュアゲームを始める方法を紹介していきます。

その第1弾として紹介するのはゲームに使うミニチュアの簡単な組み立て方。基本的には『フロストグレイブ』で使うことを前提とした初心者向けの内容となりますが、TRPG用のミニチュアを作る時にもそのまま応用できますよ!

◆組み立てるミニチュア



組み立てるのは、こちらの『兵士ボックス』。『フロストグレイブ』で魔法使い(ウィザード)の下で働く様々な種類の兵士を20体作れるプラスチック製のミニチュアのセット。兵士はゲームでは8体しか使いませんが、編成を変えるためのバリエーションをたくさん作ることができます。

今回は数ある『フロストグレイブ』の兵士の中でも最低級の「ごろつき(サグ)」を作ってみることにします。「ごろつき」は、能力は低いものの、その雇用コストの安さで魔法使い一行(このゲームではウォーバンドと呼ばれます)で支える頼もしい奴ら。


キットの構成はこんな感じ。キットにはパーツが付いたランナー(枠)が4枚とベース(台座)が入っています。それではこの中から「ごろつき」らしいパーツを選んでいきましょう。


『スカイリム』や『オブリビオン』の路上で主人公に襲いかかってきそうな、ごろつき感にあふれた頭パーツが10種類も入っているので、どれにするか迷ってしまいますね。デフォルメの効いた造形ですが、すごく細かいところまで作りこまれているのがわかるはず。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《傭兵ペンギン》

この記事の写真

/

特集

コメントを投稿する