【G-STAR 2016】MMORPGとTCGが融合した『Astellia』の戦略的なバトルがお披露目

ソーシャル・オンラインゲーム オンラインゲーム

【G-STAR 2016】MMORPGとTCGが融合した『Astellia』の戦略的なバトルがお披露目
【G-STAR 2016】MMORPGとTCGが融合した『Astellia』の戦略的なバトルがお披露目 全 11 枚 拡大写真

ネクソンの新作PC向けMMORPG『Astellia』のプレイアブル版が、11月17日から20日まで開催される韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」に出展されました。

ターゲティング型の正統派MMORGPにTCG要素を取り入れた作品『Astellia』。基本操作は“モンスターを選択→スキルを発動”というオーソドックなものですが、そこに「ASTEL」と呼ばれる仲間を召喚して攻撃や回復を行うというシステムが加わり、戦略的なバトルが展開。「ASTEL」は収集・育成を行うことができ、最大で3体まで召喚できます。


特に面白いのがクラスシステムの部分で、プレイヤーはキャラクター作成時に「WARRIOR」「ARCHER」「ROGUE」「SCHOLAR」「MAGE」という5つのクラスから1つを選択することになりますが、「ASTEL」にもクラスの概念があり、自分がタンクだった場合はヒーラーの「ASTEL」を召喚する――というように、プレイヤーの弱点を「ASTEL」で補うことが出来るのです。また、「ASTEL」にもヘイトの概念があり、ボス戦では複数の敵ターゲットが出現することも。「ASTEL」でヘイトを分散させたり、逆に「ASTEL」を全て帰還させて自分にヘイトを全て集めるなど、「ASTEL」を軸とした攻略方法が求められます。


「ASTEL」にはスキルもあり、主人公のスキルや獲得したアイテムによって戦術は様々。シチュエーションや相手に合わせて戦術的な戦いを挑むことが可能で、リアルタイムで進行するゲームではありますが、戦術の取り方はまさにTCGでした。








また、『Astellia』ではフィールドプレイ以外にも、レイドモードや、PvP・PvEを同時に楽しむことができる大規模バトルなど、多様なモードが用意。まだまだ開発途中のゲームですが、非常に可能性を感じる作品でした。

『Astellia』は韓国にてサービス予定で、時期や日本展開は未定です。

《栗本 浩大》

この記事の写真

/

特集

コメントを投稿する