【PS Meeting 2013】PS4はオフラインでもプレイ可能 ― SCE吉田氏がコメント

SCE Worldwide Studiosのプレシデント吉田修平氏が、PS4中古対策の有無に言及したニュースをお伝えしましたが、新たにEurogamerによる同氏への取材で、以前から噂として導入が懸念されていた常時インターネット接続についても説明があったようです。

ソニー その他
SCE Worldwide Studiosのプレシデント吉田修平氏が、PS4中古対策の有無に言及したニュースをお伝えしましたが、新たにEurogamerによる同氏への取材で、以前から噂として導入が懸念されていた常時インターネット接続についても説明があったようです。

「PlayStation 4では常にインターネットに接続している必要がありますか?」との記者の質問に対し、吉田氏は「オフラインでもプレイできますが、常に接続していたいと思うでしょう」と答え、理由として、PS4本体を節電状態で待機させ、その間にダウンロードやアップデートなどを行えるサスペンドモードを例に挙げました。

しかし通信転送量に制限があるユーザーなどが、そういった機能をOFFにしたり、カスタマイズができるかについては、「完全にオフラインになれます」という返事のみで、具体的な仕様は不明。また、Shareボタンなどで強調されているPS4のソーシャル機能についても言及があり、「ソーシャルを好まないユーザーがいるのは理解しているので、誰とも繋がらないことは可能」と説明しています。

《Game*Spark》

特集

関連ニュース