ACゲーム『プリパラ』ユーザーが50万人突破…一方で、高速連打機使用者に対する苦情も

タカラトミーアーツとシンソフィアが共同開発してリリースした、アーケード向けトレーディングカードゲーム『プリパラ』のユーザー数が50万人を突破しました。

その他 アーケード
ACゲーム『プリパラ』ユーザーが50万人突破…一方で、高速連打機使用者に対する苦情も
ACゲーム『プリパラ』ユーザーが50万人突破…一方で、高速連打機使用者に対する苦情も 全 4 枚 拡大写真
タカラトミーアーツとシンソフィアが共同開発してリリースした、アーケード向けトレーディングカードゲーム『プリパラ』のユーザー数が50万人を突破しました。

2014年7月10日より稼働を開始した『プリパラ』は、自分だけのアイドルチームを作ってライブの成功を目指すリズムゲーム。可愛いコーデを満喫しかり、フォトチケ撮影ができたりと、ゲーム性以外の楽しみも数多く用意されており、女子小学生を中心に人気を博しています。

TVアニメも好評放映中の『プリパラ』ですが、このたび本作のユーザー数が50万人を突破したと発表。正式サービス開始から数えて、2ヶ月足らずで達成した形となります。この反響を受け、アイドルデビューを応援する新ボーナス「せんぱい・こうはいボーナス」が追加されました。


自分が研究生クラスの時、自分より高いクラスのトモチケを2枚スキャンすると「400いいね」が手に入ります。また、自分がデビュークラス以上の時、研究生クラスのトモチケを2枚スキャンすると「600いいね」がもらえます。上級者から初心者まで嬉しいこのボーナス、活用できる人は積極的にトモチケを集めてみましょう。

数多くのユーザーに広まっている『プリパラ』ですが、しかし一部利用者のマナーに関しての問題も上がっています。本作のリズムゲーム中に、多く連打するほどスコアに反映される「サイリウムチェンジ」がありますが、このシーンで高速連打機や高速振動する電気マッサージなどの器具を使用してプレイするユーザーの存在が報告されています。

こういった機械の使用は筐体への負担をかける行為となるため、公式サイトでも注意を呼びかけています。そして、「このような機械の使用により、筐体が故障した場合は、修理にかかる費用をご負担頂く場合もございます」とも述べており、機器利用者に対する使用中止を求める姿勢を示しました。また、こういった行為に対する不満の声がツイッター上などで数多く見受けられ、マナーを守って遊ぶユーザーが困惑している様子も窺えます。

筐体へのダメージも無論ですが、不適切な手段でスコアを稼ぐという行為そのものも、マナーを守って遊んでいるユーザーにとって迷惑極まりません。不適切な機器の利用者がいなくなることを願うばかりです。

(C)T-ARTS / syn Sophia
(C)T-ARTS / syn Sophia / テレビ東京 / PP製作委員会

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事はいかがでしたか?

この記事の写真

/

関連ニュース