【G-STAR 2015】自分だけのゲームパッケージが作れるSCEブースをレポート!PS4版『World of Tanks』『GGXrdR』など初公開作品も

11月12日から15日まで韓国釜山広域市BEXCOで開催されるゲームショウ「G-STAR2015」。本稿では、同イベントのSCEブースレポートをお届けします。

ソニー PS4
【G-STAR 2015】自分だけのゲームパッケージが作れるSCEブースをレポート!PS4版『World of Tanks』『GGXrdR』など初公開作品も
【G-STAR 2015】自分だけのゲームパッケージが作れるSCEブースをレポート!PS4版『World of Tanks』『GGXrdR』など初公開作品も 全 20 枚 拡大写真
11月12日から15日まで韓国釜山広域市BEXCOで開催されるゲームショウ「G-STAR2015」。本稿では、同イベントのSCEブースレポートをお届けします。

今年もコンシューマーゲームメーカーはSCEのみとなりましたが、同社ブースではPS VRを一般公開。取材を行った日はビジネスデイでしたが、早くも行列ができていました。



出展作品としては、今回が初公開となるPS4版『World of Tanks』や『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR』がプレイアブルとして出展されているほか、韓国のメーカーが手がける『スーパービートソニック』『キングダムアンダーファイア2』や、『機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE』『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』『ストリートファイターV』なども全てプレイアブルで出展。



さらに来場者限定の得点として、オリジナルのゲームパッケージを作ることができるコーナーも設けられていました。こちらでは『Bloodborne』『GRAVITY DAZE』『Uncharted』の中からデザインを選択し、ブース内の専用スタジオで自身を撮影。それを合成したオリジナルパッケージをプリントしてくれます。

《栗本 浩大》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース