再放送版「シュタインズ・ゲート」23話でまさかのストーリー分岐、『ゼロ』に繋がる物語へ突入

7月より開始したTVアニメ「STEINS;GATE」の再放送。その23話が12月2日の深夜に放送されましたが、なんと映像の一部が完全新規のものに変更され、アニメでストーリーが分岐するという演出が行われました。

その他 アニメ
再放送版「シュタインズ・ゲート」23話でまさかのストーリー分岐、『ゼロ』に繋がる物語へ突入
再放送版「シュタインズ・ゲート」23話でまさかのストーリー分岐、『ゼロ』に繋がる物語へ突入 全 1 枚 拡大写真
7月より開始したTVアニメ「STEINS;GATE」の再放送。その23話が12月2日の深夜に放送されましたが、なんと映像の一部が完全新規のものに変更され、アニメでストーリーが分岐するという演出が行われました。

今回の話は「第23話(β)」と題されており、まゆりが岡部をビンタするシーン以降が変化。本来ならば“紅莉栖を救う話”に繋がりますが、今回放送された再放送版では“紅莉栖の救出を諦めた岡部”が描かれ、AIになったと思われる紅莉栖の姿も。

これは12月10日に発売が予定されているPS4/PS3/PSVitaソフト『STEINS;GATE 0(シュタインズ・ゲート ゼロ)』で描かれる物語と一致しており、同作の公式サイトにて該当のシーンを使用した謎のカウントダウンが行われていたことからも、このストーリー分岐は『STEINS;GATE 0』の発売にあわせたサプライズのようです。

なお、TVアニメ「STEINS;GATE」は全24話で、最終話はニコニコ生放送でも放送。日程は12月11日で、その前日には15話~23話までの一挙放送も行われます。

【続報】
TVアニメ「シュタインズ・ゲート」再放送の第24話は“特別番組”に、改変版23話を見逃した方への案内も

《栗本 浩大》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース