【日々気まぐレポ】第181回 美少女プラモ界に新星登場!「メガミデバイス」で遊んでみた

その他 フィギュア

【日々気まぐレポ】第181回 美少女プラモ界に新星登場!「メガミデバイス」で遊んでみた
【日々気まぐレポ】第181回 美少女プラモ界に新星登場!「メガミデバイス」で遊んでみた 全 6 枚 拡大写真


インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきがお届けする週間連載「日々気まぐレポ」、第181回目でございます。

今週は、壽屋より発売中のプラモデル「メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト」をご紹介。こちらは、この冬より展開されているコトブキヤのオリジナルシリーズ「メガミデバイス」の第1弾となるアイテムです。



メガミデバイスは、「美少女×メカニック」を基本コンセプトとしたプラモデルシリーズです。美少女メカプラモといえば、同じくコトブキヤが展開する「フレームアームズ・ガール」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。今回のメガミデバイスはそれらとは一部互換性を保ちつつもまったく新しい、オリジナルシリーズとなっています。

メガミデバイスは「近未来のバトルホビー」という設定で、このサイズが等身大の小型ロボットとなっています。ユーザーが自由にカスタムして戦わせることの出来る、ホビーロボットという位置づけですね。

その第1弾として登場したのが「WISM・ソルジャー アサルト/スカウト」。その名の通り、本キットは2パターンのデバイスが組めるコンパチキットとなっています。組めるのはどちらか一方で、さらに武装状態と素体状態を選択して組み立てることが出来ます。



素体に使われているのは、造形師の浅井真紀氏が手がける新設計素体「マシニーカ」。従来のものとは一線を画す可動性能が特徴となっており、柔軟なポージングを実現しています。特に肩周りが凄まじく、肩甲骨を再現した美少女プラモというのはなかなか存在しないのではないでしょうか。

なお、WISM自体のデザインはFA:Gでもお馴染みの島田フミカネ氏。美少女プラモというフォーマットの中で、武装の組み換えや兵士らしい見た目に拘った、絶妙なデザインとなっています。



基本武装として、ナイフ、スコップ、ハンドガンを装備。それぞれバックパックなどに取付可能な他、オプションとしてヘルメットや階級章、アンテナなど細かな付属品が満載となっています。

各ジョイントは3mm軸接続で、これまで発売中の「フレームアームズ」、「フレームアームズ・ガール」の装備はもちろん、M.S.Gシリーズの武装などを無改造で取り付けることが出来ます。



フレームアームズ・ガールが軌道に乗ってきたところで新たに投入された新ジャンル「メガミデバイス」。どのようなものかとワクワクしていましたが……さすがはコトブキヤ、期待を裏切りません。かなりの汎用性とプレイバリューをもった素晴らしいキットに仕上がっていました。



特に素体に使われているマシニーカは是非一度手に取ってもらいたい逸品。1/12スケールの少女型フィギュアとしては、としてはこれ以上ないプラットフォームとなっていますので、是非この新時代の幕開けを体験してみてください。オススメです!

「メガミデバイス WISM・ソルジャー アサルト/スカウト」は発売中。価格は4,800円(税抜)です。

(C)KOTOBUKIYA


■筆者紹介:ひびき
関西在住のゲームやアニメ、おもちゃが大好きな駆け出しひきこもり系ライター。そのシーズンに放送されているアニメはすべて視聴する暇人。ゲームのプレイは基本的にまったりじっくり遅い方。2012年からINSIDEにてライター活動を開始。お仕事はTwitterと個人サイトにて随時受付中。


Twitter:@hibiki_magurepo
個人サイト:日々気まぐれ屋(http://ogsaga2.rosx.net/)

《ひびき》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース