【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激

ゲームビジネス VR

【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激
【レポート】コーエーテクモウェーブ、PSVRを使うVR筐体を発表!振動・匂い・触覚・ミスト・温冷で感覚を刺激 全 13 枚 拡大写真
2月6日、コーエーテクモホールディングスのグループ会社、コーエーテクモウェーブが東京・秋葉原UDXギャラリーで発表会を開催。PS VRを用いた、五感で楽しむVR筺体「VR センス」を今夏に発売すると発表しました。


写真左からコーエーテクモウェーブ代表取締役社長阪口一芳氏、コーエーテクモホールディングス代表取締役会長襟川恵子氏、コーエーテクモホールディングス代表取締役社長襟川陽一氏、VR センスプロデューサー藤井久徳氏

◆PS VRと連動したアミューズメント施設向けVR筺体!


最初に登壇したのは、コーエーテクモホールディングス代表取締役社長の襟川陽一氏。まず、コーエーテクモグループは一昨年からVRへの取り組みを行っており、TGS 2015で出典した「真・三國無双7 VR DEMO」、そして「DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune」内のPS VR専用モード「VRパラダイス」が共に高い評価を得られたこと、そして、2010年に吸収合併したテクモが2017年で50周年を迎えることに言及。

その節目の年に発表されたこの「VR センス」は、ゲーム専用筺体というわけではなく、エンターテイメントをはじめとするさまざまな用途での使用が期待される汎用性を備えていること、そうなるために、さまざまなタイトルやコンテンツを用意し、広く楽しんでいただけるようにしたいと語りました。


ここ1年半の取り組みで、VRに手応えを感じている襟川陽一氏

続いて登壇したのは、コーエーテクモホールディングス代表取締役会長にして、VR センスのゼネラルプロデューサーでもある襟川恵子氏。本プロジェクトの立ち上げにあたっては、「VRのビジネスモデルはまだ確立していない」と忠言を受けたり、陽一氏からは「業務量がすでに目いっぱいなので、コーエーテクモゲームスの社員は使わないように」と言われたりと、“艱難辛苦の道”だったというエピソードを披露してくれました。


筺体のラフデザインは2~3分で固まった、などの制作エピソードも披露してくれた襟川恵子氏

VR センスの大きな特徴は「五感を刺激する」ギミックの数々が搭載されていること。
●アクションを振動などで体感させる「多機能3Dシート」

●小型のカプセルを用いて瞬間的に特定の匂いを漂わせる「香り機能」

●触覚でも驚きを演出する「タッチ機能」

●空間の広がりやスピード感を感じさせる「風機能」

●環境の変化を感じさせる「温冷機能」
●雨や湿気、水しぶきを感じさせる「ミスト」機能

が紹介されました。

また、筺体が分割可能なので移送・設置をコンパクトに行えること、ソフトは筺体に3本が初期搭載されており、最大5本まで搭載可能なことも強調。アミューズメント施設はもちろん、長期滞在型のホテルや病院などでの設置など、さまざまな用途を想定していると述べました。



VR センスの遊び方は、中に入ってPS VRとヘッドフォンを装着し、PS Moveを手にして楽しむというシンプルなもの。本機ならではのギミックが、VR体験にさらなるリアリティをもたらします

さらに、現在開発中のタイトルとしては
●「ホラー SENSE ~だるまさんがころんだ~(仮)」

●「G1 JOCKEY SENSE(仮)」

●「VRアクション 真・三國無双(仮)」

の3本が発表されました。

コーエーテクモウェーブ代表取締役社長の阪口一芳氏は、このVR センスが、近年元気がないアミューズメント業界が再浮上するきっかけにできるようがんばりたいと決意表明。今夏の販売はアミューズメント施設向けとしながらも、VRはゲーム以外の分野でも用途があるので、非常に大きなマーケットになると確信していると力強く語りました。

コーエーテクモウェーブによるVR筺体、VR センスは今夏よりアミューズメント施設に向けて発売開始。また、2月10日~12日に千葉・幕張メッセで開催される「ジャパン アミューズメント エキスポ2017(JAEPO2017)」にて、同社のブースで実機が出展されるとのことです。今週末は、この夏期待のVR筺体を体験しに行ってみるのもいいかもしれません。

(C)コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

《蚩尤》

この記事の写真

/
コメントを投稿する

関連ニュース