押井守監督がハリウッド版『攻殻機動隊』を評価―インタビュー映像で明らかに

その他 映画

押井守監督がハリウッド版『攻殻機動隊』を評価―インタビュー映像で明らかに
押井守監督がハリウッド版『攻殻機動隊』を評価―インタビュー映像で明らかに 全 1 枚 拡大写真

YouTube:https://youtu.be/uF4S4vsNxy8

バンダイナムコエンターテインメントのYouTubeチャンネル「876TV」は、劇場アニメ作品「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の監督を務めた押井守氏に、ハリウッド実写版について訊くインタビュー映像を公開しました。

押井守氏は、そもそも「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」とは士郎正宗氏が手掛けるコミックが原作であり、自分はそのアニメ作品を監督しただけに過ぎないと前置きしたうえで、ハリウッド実写版の出来栄えを評価。また、主演のスカーレット・ヨハンソンについて「存在感がある女優」と絶賛しており、以前からファンであったことを明らかにしました。

なお、この番組は、元バンダイナムコゲームス副社長鵜之澤伸氏が、様々なゲスト相手にお酒を飲みながらインタビューしていく「うのちゃんねる」のひとつであり、こちらのページで前回のインタビュー映像などが視聴できるので、興味のある読者はチェックしておきましょう。

《真ゲマ》

この記事の写真

/

関連ニュース