日本の懐かしロボアニメリメイク「ヴォルトロン」Netflixにて国内配信開始

Netflixは、日本で1981年に放映されたロボットアニメ「百獣王ゴライオン」から派生した「Voltron」を原作とする、アニメ「ヴォルトロン(Voltron: Legendary Defender)」の日本国内向け配信を開始しています。

その他 アニメ
日本の懐かしロボアニメリメイク「ヴォルトロン」Netflixにて国内配信開始
日本の懐かしロボアニメリメイク「ヴォルトロン」Netflixにて国内配信開始 全 7 枚 拡大写真
過去に公開された海外版の合体シーントレイラー

Netflixは、日本で1981年に放映されたロボットアニメ「百獣王ゴライオン」から派生した「Voltron」を原作とする、アニメ「ヴォルトロン(Voltron: Legendary Defender)」の日本国内向け配信を開始しています。


「Voltron」は、「百獣王ゴライオン」に「機甲艦隊ダイラガーXV」の映像を混ぜて1984年に米国で放映され、当時大人気となったアニメ。近年では映画「デッドプール」で主人公デッドプールが言及していたのを知っている方もいるでしょう。


本作は、オリジナルの設定を随所に残しながらも、大きくリメイクされた内容へと変更。悪の宇宙人ザルコン率いるガルラ帝国に捕らえられたものの、辛くも脱出した宇宙探査員「シロー」をリーダーとした、地球の宇宙探査員の卵の少年たちが、遠く地球を離れて外宇宙で5体のライオン型メカと、5体が合体した伝説のロボット「ヴォルトロン」を駆って戦う姿を描いた作品となっています。



本作の制作は海外のドリームワークスですが、非常に日本的なキャラクターデザインや演出が見受けられるのも特徴です。なお、本作は日本語音声吹き替えのみでなく、英語音声や日本語字幕にも対応しており、音声と字幕を別々に切り替えて好きな仕様で視聴することが可能となっています。


なお本作は、記事執筆時点でシーズン2まで制作されており、2017年8月4日にはシーズン3の配信が開始される予定です。

《Arkblade》

この記事の写真

/

関連ニュース