任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。任天堂ブースでは他の企業ブースとはまた違った趣のタイトルが多く展示されていました。

ゲームビジネス インディ
任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】
任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】 全 6 枚 拡大写真

2018年5月12日から13日にかけて京都市勧業館・みやこめっせにて開催された「BitSummit Vol.6」。任天堂ブースでは他の企業ブースとはまた違った趣のタイトルが多く展示されていました。

同ブースの展示タイトルは、勘違い日本マラソンゲーム『Nippon Marathon』、『バンカズ』精神的後継作『Yooka-Laylee』、ローグライトアクション『Dead Cells』、『ヒューマン フォール フラット』、ハードコアな難易度の2Dプラットフォーマー『Celeste』など、既に海外やSteamでは配信されており、高い評価を誇っているタイトルが中心でした。




同時に、これらのタイトルは、日本ではいわゆる“コア”層を中心に知られている形。BitSummitに先駆けて公開された映像「Indie World」を含め、そういったタイトルを日本のコンシューマーの比較的ライトな層へと広く紹介していこうという任天堂の姿勢が強く現れた形なのではないでしょうか。



もちろん同ブースではそれだけでなく、『PixelJunk Monsters 2』『Travis Strikes Again: No More Heroes』などなど、発売前の新作もあり、今後の展開を期待させるものとなっていました。

《Arkblade》

この記事の写真

/

関連ニュース