PS4のライフサイクルは遂に「後半に入っていく」―SIE小寺氏が投資家向けに言及

ソニーは、投資家向けの「Sony IR Day 2018」ゲーム&ネットワークサービス分野におけるプレゼンテーションを通し、2018年度売上高・営業利益の4月見通しを発表しました。あわせて、PlayStation 4のライフサイクルや関連サービスの展開についても言及しています。

ソニー PS4
PS4のライフサイクルは遂に「後半に入っていく」―SIE小寺氏が投資家向けに言及
PS4のライフサイクルは遂に「後半に入っていく」―SIE小寺氏が投資家向けに言及 全 2 枚 拡大写真
ソニーは、投資家向けの「Sony IR Day 2018」ゲーム&ネットワークサービス分野におけるプレゼンテーションを通し、2018年度売上高・営業利益の4月見通しを発表しました。あわせて、PlayStation 4のライフサイクルや関連サービスの展開についても言及しています。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのCEO小寺剛氏はSony IR Day 2018で実施されたプレゼンで2017年度売上高と2018年度の売上高見通しの比較に言及。その中で「コンソールライフサイクルの後半に入っていくに伴い、若干売上高は微減というかたちで見込んでいる」「それに対して利益のほうは、昨年度過去最高利益を実現したが、今年度さらにそれを上回る利益を狙っていく」と、現世代機の展開について話しました。

続くかたちで、小寺氏は「ハードウェアの数量減、(材料費を含めた)コスト増加等による減益」を相殺するかたちで、「ネットワークサービスを含めたゲームソフトウェアの売上貢献がある」と強調しています。「PS Plus」会員数増加を中心としたサービス売上の伸長にも触れながら、研究開発費・販管費の増加による減益、為替による増益を見越した上で、営業利益1,900億円(売上高1兆9,000億円見通し)という数字を狙っていくとしています。

※文中の誤りを訂正いたしました。

《キーボード打海》

この記事の写真

/

関連ニュース