『D×2 真・女神転生 リベレーション』「Ver 1.4.0」でアウラゲートを改善─全ユーザーに★5悪魔をプレゼント!

モバイル・スマートフォン iPhone

『D×2 真・女神転生 リベレーション』「Ver 1.4.0」でアウラゲートを改善─全ユーザーに★5悪魔をプレゼント!
『D×2 真・女神転生 リベレーション』「Ver 1.4.0」でアウラゲートを改善─全ユーザーに★5悪魔をプレゼント! 全 41 枚 拡大写真

セガゲームスは、iOS/Androidアプリ『D×2(ディーツー) 真・女神転生 リベレーション』の大型アップデート「Ver 1.4.0」の詳細などを明かす生放送「D×2メガテン公式 アップデート直前生放送」を実施しました。

本作は、悪魔との会話を通して“仲魔”にすることができる「交渉」や、悪魔同士を合体させて新たな悪魔を生み出す「悪魔合体」、相手の弱点を突くと行動回数が増えるバトルシステム「プレスターンバトル」など、『真・女神転生』シリーズならではの特徴的なシステムを盛り込んだ、スマートフォン向けの新たな一作です。

本作が配信されてから、7月22日でちょうど半年を迎えます。この節目を祝う「1/2アニバーサリー感謝祭」キャンペーンの続報や、7月実施予定の大型アップデート「Ver 1.4.0」の詳しい内容などが、本生放送にて次々と明らかとなりました。



まずは、メガキン役を務める小林裕介さんから、本作をプレイしているユーザーに向けたメッセージが到着。ノリとテンションを大事にしつつ、「いつもゼェゼェ言いながら収録しております!」と全力投球ぶりを垣間見せ、今後の展開への期待なども高めてくれます。このほかにも、小野友樹さんからのコメントもお披露目されました。



また、半年の歩みを振り返ると共に、現在第2弾が開催中の「1/2アニバーサリー感謝祭」についても言及。7月9日から始まった記念ログインボーナスならびにAR悪魔投稿&RTキャンペーンなどを紹介すると共に、第3弾を7月20日より行うと発表しました。第3弾の内容については、続報をお待ちください。


そして、ユーザーが待ち焦がれている大型アップデート「Ver 1.4.0」の情報を公開し、まずは各キャラクターのシナリオ追加と限界突破を発表しました。各キャラが加入し、条件を満たすことで発生するキャラミッションをクリアすると、キャラクエストが発生。このキャラクエストをクリアすることで限界突破し、スキルも解禁されます。加えて、既存スキルの発生確率についてもバランス調整を実施するとのこと。






続いて、新種族「龍神」7体の登場が判明。「龍神」のステータス傾向は全体的に高いバランスタイプで、デュエル防衛やオートクエストで有用といった特徴を持ちます。なお、追加される「龍神」は、「パトリムパス」「マカラ」「イルルヤンカシュ」「セイリュウ」「グクマッツ」「ケツアルカトル」「コウリュウ」です。





また、アウラゲートの仕様も大きく変わり、オープン時間やMAGの入手量、そして行動力など多岐に及ぶ変更が行われます。多くの項目に渡るため、内容については下記をご覧ください。

【アウラゲートがフルオープン】
■オープン時間変更
・毎時00分00秒から55分間オープンに。任意の時間帯で遊ぶことができるようになります。

■行動力=アウラゲートのスタミナに
・通常のスタミナと同様、時間で回復(1分に1回復)。
・行動力は、時間経過による回復と、アウラゲート内での「滅びの騎士」や「回復の泉」でも回復。
・行動力を1以上保持していると侵入可能。

■MAG入手量を大幅に底上げ

■回復の泉
・アウラゲート退出時のリポップは無し。
・回復の泉の使用は、各箇所1時間につき1回の制限付き。
・行動力の回復量は固定値で50加算に変更。

■MAGチェスト
・アウラゲート退出時のMAGチェストリポップは無し。
・MAGチェストの使用は、各層1時間につき1回の制限付き。
・全箇所開封後のリポップは即出現とし、消滅状態を軽減する。
・外れ時の行動力消費を20%→10%に変更。

また、罪の烙印の烙印ドロップ調整も実施。今回のアップデートに合わせ、罪の烙印「怠惰の罪」「欺瞞の罪」の7業以降でドロップする烙印のうち、レアリティの高い上位の烙印のドロップ率がアップします。さらに、★6レアリティの烙印が8業からドロップするとのことです。



この他にも、軽量&省電力モードや、本作に関連するゲーム外コンテンツや公式SNS、メディア掲載情報などを機能として集約する「D×2 ポータル」の追加など、機能面に関する充実も明らかになりました。

ここまではアップデートの情報が主でしたが、ユーザーから届いた質問や意見なども紹介。魔人と英雄の入手手段について問われると、過去シリーズ作に登場した造魔を引き合いに出し、単純に作れるだけでなく遊びの幅になるようなものを考えていると山田プロデューサーが返答する場面も。また、本シリーズの他作品とのコラボレーションや、AR悪魔の機能向上などの希望も寄せられました。

今後について山田プロデューサーは、より遊びやすくするため、エンドコンテンツの問題に取り組みつつ、ユーザーが育成のモチベーションを保てるような改善を行いたいとコメント。間近に迫る「Ver 1.4.0」に続き、これからの展開についても期待を持たせる生放送となりました。


また、ゲーム内プレゼント(受取期間:7月18日まで)の実施や、本作の全ユーザーに★5悪魔1体をアップデート後にプレゼントするといった嬉しい決定も飛び出しました。★5悪魔のプレゼントについて、当初の予定では、山田プロデューサーがアウラゲート32層ボス「オセ」に勝利した場合の報酬でしたが、残念ながら「オセ」に敗退。しかし、プレゼントの方は行うと粋な計らいにより実現しました。こちらのプレゼントの詳細や、「Ver 1.4.0」の実施時期などは、更なる続報を楽しみにお待ちください。




(C)SEGA/(C)ATLUS

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース