『ファイナルファンタジーXV』DLC3つの制作中止や田畑Dの離脱が発表―アーデン編は制作続行

スクウェア・エニックスは本日放送した『FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー XV)』の特別番組において、同作の今後の計画に関する報告を行いました。

ソニー PS4
『ファイナルファンタジーXV』DLC3つの制作中止や田畑Dの離脱が発表―アーデン編は制作続行
『ファイナルファンタジーXV』DLC3つの制作中止や田畑Dの離脱が発表―アーデン編は制作続行 全 5 枚 拡大写真

スクウェア・エニックスは11月8日に放送した『FINAL FANTASY XVファイナルファンタジー XV)』の公式特別番組において、同作の今後の計画に関する報告を行いました。

放送によれば2019年春に「未来への夜明け」として展開を予定していた4つのDLCのうち、アラネア編、ルナフレーナ編、ノクティス編の3つがスクウェア・エニックスの方針変更により開発中止になったとのこと。アーデン編については2019年3月のリリースを目指し制作が続行されます。

現在、本作の制作を担当しているのは、「まったく新しいAAAタイトルを世界に届けること」を意図して設立されたスタジオ「LUMINOUS PRODUCTIONS」です。グローバルブランドディレクターの大藤昭夫氏は、同スタジオのAAAタイトルを1日でも早く届けたい、という方針変更が行われた結果、開発リソースを新しいAAAタイトルに集中させる、という決定が下されたことを明かしています。


また、本作のディレクターで「FINAL FANTASY XV UNIVERSE」のプロデューサーでもあった田畑端氏が開発スタジオLUMINOUS PRODUCTIONSおよびスクウェア・エニックスから離脱することが発表されました。同氏は「どうしても実現させたい仕事がある」として、自ら事業を立ち上げて新たな挑戦に向かうと伝えています。




《RIKUSYO》

この記事の写真

/

関連ニュース