『The Last Brave』『CHAIN somnia』に続く新作が早くも!?ディライト主催ボドゲ交流会第6回レポート

2018年12月5日、スマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』(以下、FGO)の開発などで知られるディライトワークスにて、ボードゲーム交流会第6回「DELiGHTWORKS ボードゲームパーティー」が行われました。

その他 玩具
『The Last Brave』『CHAIN somnia』に続く新作が早くも!?ディライト主催ボドゲ交流会第6回レポート
『The Last Brave』『CHAIN somnia』に続く新作が早くも!?ディライト主催ボドゲ交流会第6回レポート 全 9 枚 拡大写真
2018年12月5日、スマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』(以下、FGO)の開発などで知られるディライトワークスにて、ボードゲーム交流会第6回「DELiGHTWORKS ボードゲームパーティー」が行われました。

2018年最後となる第6回のテーマは“カナイセイジ×ディライトワークス”。会場には、日本を代表するボードゲームデザイナー・カナイセイジ氏の監修のもと制作したディライトワークスオリジナルゲーム『The Last Brave』と『CHAIN somnia~アクマの城と子どもたち~』(以下、『CHAIN somnia』)を含む、様々なゲームが登場。

また、カナイ氏とJELLY JELLY CAFE代表の白坂翔氏によるトークイベントも同時に開催。2018年11月24日~25日に開催された「ゲームマーケット2018秋」の振り返りや、今後の抱負についてなど、ボードゲームに関する様々なトークが展開されました。

左からカナイセイジ氏、白坂翔氏

ディライトワークスオリジナルボードゲームの第三弾が、早くも登場!?


2018年11月24日・25日開催の日本最大級のアナログゲームの祭典「ゲームマーケット2018秋」に初出展し、大きな話題を集めたディライトワークス。カナイ製作所代表・カナイセイジ氏が監修を務めた『The Last Brave』はもちろん、『CHAIN somnia』はイベント開始1時間後に完売するほどの盛況ぶりを見せました。


イベント当日にディライトワークスブースのトークイベントを務めたカナイ氏は、「ブースの待機列を見て初めてホッとできた」とコメント。ディライトワークスの社員と約5か月間に渡る打ち合わせを重ね、丁寧に時間をかけて作った自信作だと続けます。


続いて、白川氏が『The Last Brave』と『CHAIN somnia』の2作品の他にも、採用を見送った作品が多く存在していたという話をポロリ。「(カナイ氏が)このままボツにするのはもったいないから、カナイ製作所で作りたいくらいと仰っていましたね」と話すと、会場からは期待の声が上がりました。


山手線全ての駅にボードゲームショップを展開したい


11月24日は12,000人、25日は10,000人と、過去最大の来場者数を記録した「ゲームマーケット2018秋」。

年々来場者数が増えていく要因について、白川氏は「ディライトワークスや声優さんを起用した番組など、他業界とのコラボがきっかけでユーザー層が増えているんです」と、ボードゲーム業界が幅広い層から注目され始めている分野であると分析します。

カナイ氏は「JELLY JELLY CAFEのイベントブースで開催されたクトゥルフ落語に衝撃を受けました」と続け、今までに結びつきが考えられなかったボードゲームとのコラボレーションが、今後もより盛り上がっていければ嬉しいと続けます。


最後に、カナイ氏が「来年も良いペースでゲームを出していければと思っています」、白川氏が「JELLY JELLY CAFEの店舗数を増やし、最終的には“山手線全ての駅にボドゲショップがある”ような、身近な存在になりたいです」とコメントし、トークイベントは終了の時間を迎えました。

トークイベントの後は、カナイ氏がデザインした『ラブレター』や『ラグクラフトレター』など、様々なボードゲームで遊べるコーナーを展開。カナイ氏と一緒に新作『The Last Brave』が楽しめるコーナーも用意されていました。



飲食スペースにはクリスマスらしく、フライドチキンをはじめとした様々な料理が登場!



楽しいボードゲームに美味しい料理まで用意されており、イベントは最後まで大きな盛り上がりを見せていました。

《島中一郎》

この記事の写真

/

関連ニュース