『スーパーマリオブラザーズ』をストップモーションで再現したファンアートが驚異の完成度! “いいね”14万超えの作品をご覧あれ

「如月 二重 6」さん(@KisaragiHutae6)が、自身のTwitterアカウントにて公開したストップモーションアニメが、大きな話題となっています。

その他 全般
『スーパーマリオブラザーズ』をストップモーションで再現したファンアートが驚異の完成度! “いいね”14万超えの作品をご覧あれ
『スーパーマリオブラザーズ』をストップモーションで再現したファンアートが驚異の完成度! “いいね”14万超えの作品をご覧あれ 全 1 枚 拡大写真

「如月 二重 6」さん(@KisaragiHutae6)が、自身のTwitterアカウントにて公開したストップモーションアニメが、大きな話題となっています。

任天堂キャラクターをモチーフとした様々な作品を製作し、その都度注目を集めている「如月 二重 6」さん。昨年11月に公開した“初代ポケモン151匹”のアイロンビーズや、製作したカービィのアイロンビーズを用いたストップモーションアニメなど、その情熱と愛情が形となった作品はいずれも素晴らしく、多くのリツイートや「いいね」を集めています。

関連記事:カービィ愛に溢れたアイロンビーズ作品に“いいね”殺到!「コピー能力」をアイロンビーズのストップモーションで再現

そんな「如月 二重 6」さんが今回公開したのは、『スーパーマリオブラザーズ』を題材としたストップモーションアニメ。マリオや土管、ブロックなどをドットテイストで描いたこの作品は、疾走する様子やブロックを叩いてアイテムをゲットするアクションなどを滑らかな動きで表現し、ゴールにたどり着くまでを描写しています。

「如月 二重 6」さんに直接お話を聞いてみたところ、製作日数は3週間にのぼり、撮影だけでも14時間かかったとのこと。製作のきっかけは、「私のフォロワーが1985人を超えたときに、何を作って欲しいかアンケートを取った結果、スーパーマリオブラザーズが1位だったからです」と、リクエストが発端だったと明かしてくれました。

また、ノートという題材を選んだ点については、「アイロンビーズでは、マンネリ化してしまう+コストがかかる」との判断から別の手段での表現を模索し、ノートに行き着いたとのことです。

今回の『スーパーマリオブラザーズ』ストップモーションアニメは、現時点(2月10日 11時)で14万を超える「いいね」を獲得。製作に傾ける情熱はもちろんのこと、その完成度や魅力的なタッチは、見る者の目を惹きつけて止みません。次はどんな作品が飛び出すのか、今から実に楽しみです。

《臥待 弦》

この記事の写真

/

関連ニュース