【吉田輝和の絵日記】バイクアクション『トライアルズ ライジング』コース完走時の達成感がヤバい!

『トライアルズ ライジング』のマルチプレイモードで揺らぐ大原君との友情とは……

ソニー PS4
【吉田輝和の絵日記】バイクアクション『トライアルズ ライジング』コース完走時の達成感がヤバい!
【吉田輝和の絵日記】バイクアクション『トライアルズ ライジング』コース完走時の達成感がヤバい! 全 20 枚 拡大写真

今回プレイするのは、ユービーアイソフトが贈る『トライアルズ ライジング』のニンテンドースイッチ版です。『トライアル』シリーズは、スタントバイクで飛んだり跳ねたりしながら、ギミック満載のコースを走るバイクレースアクションです。

僕は、レース系のゲームが苦手なので、『トライアル』シリーズは今作が初プレイとなります。現実でも自転車以外の乗り物は苦手でして、車はもちろん原付バイクさえ免許を取ってから一度も乗っていないという……ってそう言えば!


先に免許更新に行ってきます!

ギミック満載コースを爆走!



操作はZRでアクセル、ZLでブレーキ、スティックで車体のバランスを取る。

ゲームは2D横スクロール画面なので、従来のレースゲームのようにカーブをしたり、他車とコース取りをする必要がない。レースゲームが苦手な僕には非常にありがたい!

まずはチュートリアル的なコースからスタート。


オープニングも兼ねた演出的なコースなのでコケる事はないだろう。

ド派手な技を決めまくるぜ!


火の輪をくぐって大ジャンプ!

ジャンプ中にスティックを左右どちらかに倒しっぱなしにすると車体がクルクル回転する。空中3回転を決めて華麗に着地!……と思いきや


着地失敗で落車!

レーサーの身体がバイクから放り出されて地面にぶつかる……その挙動がめっちゃリアルで痛そう!


そしてまた落車。着地難しいぞ……!

本作はシンプル操作ではあるのだが、ジャンプや着地の際の車体のバランス調整がなかなか難しいのだ。

しかし、落車してもすぐその場からリトライ出来るのはありがたい。バランスの取り方やコースのギミックを何度もコケて覚えよう。


何人の僕が事故死した事か……!

テクニックを磨け!もう死にたくない!



世界各国をまわりながらトライアルズチャンピオンシップを制覇するのがこのゲームの目的だ。砂漠やビル街、街中など様々なコースが用意されている。


バイクやプレイヤーの外観も細かくカスタマイズ可能。レースに勝ち抜いて賞金をゲットしてカスタマイズしまくろう!


序盤でもプレイヤーの肌の色は自由に変えられるので、せめて肌の色くらいは派手に……という事で、ナ〇ック星人のようなおじさんが誕生した。緑色が好きなもんで……

キャラメイクは置いといて、まずはテクニックを磨かねばならない。このままじゃレースを勝ち抜くどころか完走すら危ういレベルだ。


前述の通り落車してもサクッとリトライ出来るので、何度も落車しながら重心移動を体に染み込ませていく。初心者の僕にはイージーのコースさえ超難易度だが、「ここの着地はこのタイミングで重心を……」とか「ここは一旦ブレーキで……」などと試行錯誤していくのが非常に楽しい。

そしてスタートからゴールまで一度も落車せずに走り抜けれた時は、そりゃもう凄い快感なのだ!


まあゴール後にも「オチで~す」と言わんばかりのギミックが用意されており、最後には結局コケる……!

息を合わせてタンデム!マルチプレイモードも!



本作はオンライン・オフライン対戦や、一台のバイクに2人で乗るタンデムなど、マルチプレイモードが用意されている。


過去のプレイ絵日記でも登場している大原君が遊びに来てくれたので、マルチプレイモードを色々体験してみた。

まずはタンデムで通常のレースを走る事に。大原君も『トライアル』シリーズは初めてなので、初心者同士のタンデムプレイだ。

2人同時にアクセルを押すと120%の速度が出るなど、息を合わせれば1人プレイ時よりも良い結果が出るようだ。息を合わせられれば……


「あかんて、今うしろに重心かけたら!」
「ああ、めっちゃクルクル回っとる……!」


……全く息が合わない2人。


当然落車。


20年来の友達とは思えない程に息が合わなかった……。


次はオフライン対戦モードだ。

先程とは打って変わって、息ピッタリのシンクロプレイだ。まあ……ただ同じ場所に同じように突っ込んで同じようにコケているだけだけど……


エディットモードでは自由に背景やオブジェクトを配置して、オリジナルのコースが作成出来る。設置可能なオブジェクトが多数用意されており、お決まりのジャンプ台から、「なんじゃこれ!」という変なものまである。


ふたりともクリエイト的なセンスが皆無なので、ただただ鬼難易度で面白みのない地獄のようなコースが完成した。そんな地獄コースを初心者が完走出来るはずもなく、トライ&エラーを繰り返したあげく、3時間無駄に過ごしたのだった……。

皆は、ちゃんとクリアできるような生産性のあるコースを作ろう!


プレイする前は「レースものは苦手なんだよな~」と思っていたのですが、レースゲームというよりアクションゲームのような感覚で楽しめました。苦戦する場所に出会っても試行錯誤していけばクリアできるようになります。最終的にノーミス完走出来た時は、プレイヤースキルがアップした実感と爽快感が同時に沸き起こって気持ち良いです。

ノーミス完走が出来たら次はタイムアタックに挑戦するなど、現在の自分のスキルに応じて楽しめるのが良いですね。長く楽しめそうな一本です。

『トライアルズ ライジング』は、PS4/Xbox One/PC/ニンテンドースイッチ向けに発売中です。

吉田輝和のプロフィール:19年にわたって自画像の絵日記を書き続けているおじさん。近年、「ちおちゃんの通学路(KADOKAWA)」や「お稲荷JKたまもちゃん(一迅社)」、「からかい上手の高木さん(小学館)」などの人気漫画のモブキャラとして登場しており、2018年にはアニメ作品に2回登場した。何故こんなに漫画登場しているのか、描いた漫画家も吉田本人もよくわからないらしい。 吉田のTwitterはこちら

《吉田 輝和》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1