海外レビューハイスコア『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

PS4/Xbox One/PCを対象に3月22日発売の『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のMetacritic海外レビューをお届けします。

ソニー PS4
海外レビューハイスコア『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』
海外レビューハイスコア『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』 全 3 枚 拡大写真

Areajugones: 95/100(PS4)
本作は間違いなく2019年…おそらく今世代最高の一本だ。フロム・ソフトウェアにとって新たな一歩であり、『DARK SOULS』と『Bloodborne』の中間に位置する新天地だ。エッセンスは残しながらも、オリジナリティがあり、とっつきやすい。宮崎氏による新たな名作であり、ゲーマーならばプレイ必須だ。

PlayStation LifeStyle: 95/100(PS4)
IGN: 95/100(PS4)
本作はこれまでのフロム・ソフトウェア作品から進化し、戦闘において正確さとスキルに重点をおいた、スタイリッシュステルスアクションアドベンチャーとなっている。計画的で忍耐のいるステルスと、この世とあの世の脅威に対するスピード感のある戦闘の中間を行くものとなっている。独創的で柔軟性のある道具は、より集中した体験を作り出し、これは神秘的な雰囲気を損なう事なく、フロム・ソフトウェアの謎すぎる感性を一部削ぎ落としている。本作は見慣れたアイデアに新しく素晴らしいひねりを加え、過去の作品と並ぶことができる一本となっている。

GamingTrend: 95/100(PC)
Game Informer: 90/100(PS4)
本作は、生き残るため、過酷な戦闘を乗り切る必要のある、奇妙で不思議な旅だ。しかし、勝利の甘いスリルは、無数の落胆させる死に関わらず、プレイヤーの背中を前へと押してくれる。本作は、私がプレイしてきたゲームの中で最も難しいものの一つだ。しかし冒険、探索、そして本物の忍者ファンタジーを求めている人にとって、この小旅行はその要望に応えるものだろう。

Attack of the Fanboy: 90/100(XB1)
GameStar: 88/100(PC)
自分自身がどういうプレイヤーなのか、しっかりと知っておく必要がある。もしあなたが私のような人ならば、本作は2019年最高の一本となるかもしれない。しかし行き止まりのレンガの壁が壊れるまで、頭を壁にぶつける準備をしておかなければならない。みんながこれほど分厚い頭蓋骨を持っているわけではないですね。わかります。もしそうなら、『DARK SOULS』を前菜として食べておいた方がいいかもしれない。こんなことを書くことになるなんて、思ってもいなかった。

GamePro Germany: 85/100(PS4)
Jeuxvideo.com: 85/100(XB1)
人によっては合わないかもしれないが、とてもオススメできる。端的にいうと、兄弟作のスローガンの通りだ。「死を覚悟しろ」。

Hardcore Gamer: 80/100(PS4)



PS4/Xbox One/PCを対象に3月22日発売の『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のMetacritic海外レビューをお届けしました。Metacriticでの平均スコアは、PS4版が89点(総レビュー数14件)、Xbox One版が92点(総レビュー数6件)、PC版が91点(総レビュー数5件)をマークしています。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』は、フロム・ソフトウェアとActivisionのタッグで贈る戦国アクション。高い難易度とそれに見合う達成感を『ソウル』シリーズや『Bloodborne』から受け継ぎながらも、縦横無尽に戦場を跳び回る自由度が特徴です。メディアレビューでは、高得点をたたき出しながらもその高過ぎる難易度を指摘。しかし「今世代最高の一本」という声もあるほど、そのクオリティは高く、まさにハードコアゲーマーなら挑戦せずにいられない一本と言えるかもしれません。



『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』は、PS4/Xbox One/PCを対象に発売中です。

《SEKI》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1