グランゼーラ、『R-TYPE FINAL 2』のクラウドファンディングを終了─Kickstarterでは約1億円に

グランゼーラは『R-TYPE FINAL 2』のクラウドファンディング(Kickstarter)を6月12日0:00に終了しました。バッカー総数は8,051人、プレッジ総額は98,863,825円(米ドル換算で90万ドル相当)となりました。

ソニー PS4
グランゼーラ、『R-TYPE FINAL 2』のクラウドファンディングを終了─Kickstarterでは約1億円に
グランゼーラ、『R-TYPE FINAL 2』のクラウドファンディングを終了─Kickstarterでは約1億円に 全 1 枚 拡大写真

グランゼーラはPS4/ニンテンドースイッチ/Xbox One/PC(Steam)で発売予定のサイドビューシューティング『R-TYPE FINAL 2』のクラウドファンディング(Kickstarter)を6月12日0:00に終了しました。バッカー総数は8,051人、プレッジ総額は98,863,825円(米ドル換算で90万ドル相当)となりました。なお、本クラウドファンディングではKickstarterとは別にデジタル版限定でPayPal決済を行っており、そちらでの購入金額は含まれていません。

Kickstarterのページではリードゲームデザイナーの九条一馬氏からのお礼メッセージが掲載されています。

この度は、R-TYPE FINAL 2 のクラウドファンディングに多大なるご支援をいただき誠にありがとうございます。

皆さまからのご支援、ご声援により、私たちは最新のR-TYPEを世に出す機会を得ることができました。
あらためて御礼申し上げます。

R-TYPE FINAL 2の開発は、これから本格的に進めていくことになります。
ご支援いただきました皆さまには、作品はもちろんのこと、制作の過程についても楽しんでいただけるようプロジェクトを進めて参ります。

完成まで少しお時間をいただくことになりますが、私たちと一緒に最新、最強のR-TYPEの制作にご協力いただきたいと思っております。なお、開発状況につきましては、本サイトにて定期的にご報告いたします。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2019年6月12日
R-TYPE FINAL 2 リードゲームデザイナー 九条一馬より

All-or-Nothingで行っていた今回のクラウドファンディングは4,500万円(40万ドル相当)でゴールとなり、それ以降は過去の作品に登場したステージをリメイクするストレッチゴールが設定されていました。現時点での達成項目は以下の通りとなります。

●4機種統一・世界規模のハイスコアボードを実装
●ゴースト表示機能を実装
●フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語字幕を実装
●簡体中国語・繁体中国語・韓国語字幕を実装
●『R-TYPE FINAL』から1ステージを現在の技術でリメイク
●『R-TYPE DELTA』から1ステージを現在の技術でリメイク
●『R-TYPE III』から1ステージを現在の技術でリメイク
●『R-TYPE Leo』から1ステージを現在の技術でリメイク
●『R-TYPE II』から1ステージを現在の技術でリメイク
●『R-TYPE』のステージ1を現在の技術でリメイク
●『R-TYPE』のステージ3(巨大戦艦)を現在の技術でリメイク
●102機のR機体を作成

今後はKickstarterページで進捗が報告される予定です(月に1回、上旬を予定)。

『R-TYPE FINAL 2』はバッカー向けには2020年12月に提供予定とされています。

(C) Granzella Inc.
"R-TYPE" is a trademark and/or copyrighted of IREM SOFTWARE ENGINEERING INC.

《岩井省吾》

この記事の写真

/

関連ニュース

1