取って、取られて、取り返して─最新作 『三國志14』詳細なコンセプト&特徴が公開

コーエーテクモゲームスは、歴史シミュレーションゲーム『三國志』シリーズの最新作『三國志14』(PC/PS4)を今冬に発売することを決定、同作の詳細なコンセプト・特徴を公開しました。

ソニー PS4
取って、取られて、取り返して。最新作 『三國志14』詳細なコンセプト・特徴が公開
取って、取られて、取り返して。最新作 『三國志14』詳細なコンセプト・特徴が公開 全 9 枚 拡大写真

コーエーテクモゲームスは、歴史シミュレーションゲーム『三國志』シリーズの最新作『三國志14』(PC/PS4)を今冬に発売することを決定、同作の詳細なコンセプト・特徴を公開しました。

2016年に発売された『三國志13』から約4年ぶりのナンバリングタイトルとなる『三國志14』では、シリーズファンから高い評価を得た『三國志IX』や『三國志11』の流れを汲む「1枚マップ君主制」を採用。“「土地」を制する者が天下を制す”をコンセプトに、1枚マップを細かい土地で区切り、一つ一つの土地を奪い合うことで、プレイヤーにかつてない自由な戦略の組み立てを可能にしました。

また、色の塗り合いで表現される土地の奪い合いは、「いかにして自分の色を塗り広げていくか」という、初代『三國志』をも彷彿とさせる直感的で奥深い楽しみを実現します。


本作のコンセプト


“取って、取られて、取り返して。「土地」を制する者が天下を制す”


「三國志」は、“人間ドラマの集大成である三国志”を再現した、歴史シミュレーションゲームです。シリーズ最新作となる『三國志14』では、広大な中国大陸を細かな「土地」の集合体で表現し、内政も軍事も外交も計略も、すべての要素が「土地の管理、奪い合い」に集約されます。

基本システムとしては「1枚マップ君主制」を採用し、「戦略フェイズ」と「進行フェイズ」を繰り返して進める「同時プロット制」でゲームは進行します。シリーズファンに今なお根強い人気を誇る『三國志』の流れを汲みつつ、より発展深化した本作では、シンプルながら奥深いゲーム性を実現し、プレイヤーが中国全土に思いどおりの戦略を描くことができます。

本作の主な特徴


1. 国境なき領土の奪い合い! 「戦線」を描いて、大陸全土を自分色に塗り尽くせ!


本作では1 枚マップを細かい土地で区切り、一つ一つの土地を収入基盤でも補給線でもある「戦略単位」とすることで、その奪い合い=「戦線」の構築と破壊が戦略の肝となります。各勢力は都市の支配領域や国境にとらわれることなく自由に「戦線」を広げ、ありとあらゆる手段で自分の土地を守りながら、敵の土地を攻め崩して勢力を増強していきます。

カメラを引き、一枚マップをやや俯瞰で眺める。
土地(色)を塗り広げ、戦線を拡大していく。

ゲーム中、土地の奪い合いは、色の塗り合いで表現します。これにより一見複雑な戦略要素を色の塗り合いに単純化し、「いかにして自分の色を塗り広げていくか」が本作の基本的な考え方となります。領地を広げる快感を、より精緻に、より自由に、より直接的に描写します。従来作では、勢力拡大は都市の獲得にかかっているので、都市を巡る「点」の攻防がメインでした。本作では、勢力拡大は土地の確保にかかっているので、どこに前線を定めるか、どの範囲まで敵地に浸透するかなど、戦線を押し合いへし合いする「面」の攻防がメインとなります。

進軍フェイズ。
曹操隊が呂布の勢力に侵食しながら、白馬を奪取。

戦略フェイズ。
曹操隊の進軍先を決めている。中継地点を設定しながら、目標を白馬の占領に設定。


2. その言動に魂が宿る! シリーズ最高の「個性」を放つ武将たち!


展開した曹操軍、劉備軍、呂布軍が激突。
戦闘は別画面ではなく、一枚マップ上で繰り広げられる。

軍事も内政も「同時プロット制」「担当官制」を採用し、武将たちはプレイヤーからの指示を「らしさ」を見せながら解決していきます。このとき、武将たちの言動の指針となるのが「個性」です。武将たちはそれぞれ特徴的な「個性」を持ち、その武将ならではの存在感を示して戦況に様々な変化を与えていきます。プレイヤーは、これら個性を放つ武将たちを束ね、適材適所に配置しながら戦略を描いていきます。また、出陣している武将だけでなく、都市にいる武将たちも能動的に「提案」をして自己主張を行います。時には戦況を一変させる提案など、軍事や内政等、様々な要素について意見し、プレイヤーの戦略に影響を及ぼします。

3. 君主によって千変万化するプレイ感! 「施政」が戦略の選択肢を広げる!


勢力はそれぞれ、勢力の方向性を決める行政組織として「施政」を設定します。「施政」は「組織図」として表現されます。「組織図」に武将をセットすることで、勢力は独自の効果やコマンドを獲得できます。「組織図」の構成は君主の「主義」によって異なるため、君主によってプレイ感は様々に変化します。また同じ勢力でも、プレイヤーがどのような「施政」を成すかによって、採れる戦略は千変万化となります。武将たちを駆使して勢力をカスタマイズし、自分だけの戦略を描いていくのが本作の醍醐味です。

曹操
魏王。黄巾の乱に際し、騎都尉として討伐に参加して頭角を現した。董卓の死後混乱する大陸を縦横し、大国・魏の礎を築き上げる。死後に武帝と追尊された。

劉備
蜀漢の初代皇帝。前漢の中山靖王・劉勝の末裔とされる。義勇軍を結成して黄巾賊討伐に参加、各地を転戦し、ついには三國の一方を占めた。蜀漢昭烈帝。

孫権
呉の初代皇帝。孫堅の次男。兄・孫策の急死でその座を継いだ。赤壁の戦いでは曹操の大軍を相手に勝利する。229年帝位について呉を建国した。呉大帝。


商品概要



  • タイトル名: 三國志14

  • ジャンル: 歴史シミュレーション

  • プラットフォーム: Windows/PS4

  • 発売日: 今冬予定

  • 価格: 未定

  • プレイ人数: 1名

  • CERO : 審査予定

  • 権利表記: コーエーテクモゲームス All rights reserved.


取って、取られて、取り返して。最新作 『三國志14』詳細なコンセプト・特徴が公開

《S. Eto》

この記事の写真

/

関連ニュース

1