「『十三機兵防衛圏』あなたは買う? 買わない?」結果発表─購入派は全体の7割超え! 先着特典が後押しになった方も【アンケート】

発売が約1ヶ月後に迫った『十三機兵防衛圏』。SFジュブナイルをADVで描き、また敵との戦いをシミュレーションパートで表現。この個性溢れる新規IPへの購入意欲を、アンケートで調査してみました。その結果をご覧あれ。

その他 特集
「『十三機兵防衛圏』あなたは買う? 買わない?」結果発表─購入派は全体の7割超え! 先着特典が後押しになった方も【アンケート】
「『十三機兵防衛圏』あなたは買う? 買わない?」結果発表─購入派は全体の7割超え! 先着特典が後押しになった方も【アンケート】 全 14 枚 拡大写真

魅力的なゲームを数多くリリースしてきたヴァニラウェアの最新作『十三機兵防衛圏』は、十三人の少年少女を主人公に据えたSFジュブナイル作品です。

定評のあるグラフィックは美しく繊細に磨き上げられ、時にレトロな景色を、時にSF感溢れる世界を雄弁に表現。また、過去・現在・未来を舞台とする少年少女の活躍がどのような結末を迎えるのか、物語面への興味も尽きません。

発表から発売日の決定まで長い道のりを歩んだ『十三機兵防衛圏』ですが、待望のリリースがいよいよ来月へと迫りました。十三人の少年少女の生き様と壮大な物語を綴る群像劇は、数多あるゲーム作品の中でも稀な切り口なので、発売を心待ちにしている方も多いことでしょう。


そこでインサイドでは、「『十三機兵防衛圏』あなたは買う? 買わない?」というお題を掲げ、読者の購入意欲を調査するアンケートを実施しました。他に類を見ない作品だけに、早々に購入を決めた方もいれば、「難しそう・・・」と手を出しかねている人がいてもおかしくありません。その実体を、このアンケート結果で垣間見てください。

回答者の男女比は、男性81%に対し、女性は16.7%(無回答2.4%)。また年代別で見ると、最も多いのが30代(38.1%)で、続いて40代(33.3%)、20代(21.4%)、50代(4.8%)、10代(2.4%)との結果に。この回答者の方々がそれぞれどのような購入姿勢を見せているのか、どうぞご覧あれ。

◆第5位「戦闘パートの存在が決め手でした」:2.4%



ヴァニラウェアは様々なジャンルのゲームを生み出しており、『オーディンスフィア』や『ドラゴンズクラウン・プロ』、『朧村正』といったアクション性のある作品が特に知られています。また、『グランナイツヒストリー』や『グリムグリモア』など、戦略性の高い作品も手がけてきました。

そのため、『十三機兵防衛圏』にゲーム的な戦闘要素を求める声も一部でありました。しかし、一足先にリリースされた『十三機兵防衛圏 プロローグ』にはADVパートしか収録されていなかったため、「戦闘シーンは全てADVで表現するの?」「“ゲーム的な戦闘要素”はないのかも」と考えるユーザーもいました。


ですが、シミュレーションパートに当たる「崩壊編」が後日発表され、機兵の行動を決定して敵を打破するゲーム性の存在が明らかに。この発表を踏まえて『十三機兵防衛圏』の購入を決めた、といった声が今回のアンケートで寄せられました。


いただいたコメントの中には、「ガンパレードマーチの匂いがしたから」と、2000年に発売されたプレイステーションソフトの名前を挙げた方も。少年少女が戦いに身を投じるSFジュブナイルといった共通点が、この2作品を結びつけたのでしょう。

◆第4位「プロローグ版を遊んで購入を決めた」:7.1%



『十三機兵防衛圏』が発表されたのは、2015年9月の「SCEJA Press Conference 2015」にて。発表から発売まで約4年の月日を重ねる作品となりましたが、本作に関する内容は今年明かされたものがほとんど。それまでは断片的な情報しかありませんでした。

そのため、『十三機兵防衛圏』に興味を持ちつつも、購入するか迷い続けていた人も少なくありません。そんな方々の背中を押すきっかけになったのが、今年の3月に登場した『十三機兵防衛圏 プロローグ』です。この『プロローグ』では、十三人の主人公全員を操作し、約3時間に渡る物語を先行体験することができました。


どのような形でゲームが進行するのか、十三人の少年少女はどんな性格なのか、いかなる立場で物語に関わるのか、謎めく点が多かった『十三機兵防衛圏』。その謎の一部が『プロローグ』を通して判明したことで、購入に傾いた方も少なくないでしょう。今回のアンケートでは、回答者の約7%が『プロローグ』きっかけで購入を決めた模様です。

『プロローグ』をプレイしたことで「ストーリーが気になりすぎたから」「前から気になっていたのでプロローグ版をやってみたら想像以上に面白かった」と、先の展開を楽しみにする意見が届いています。また「ジュブナイル好き」といった声もあり、期待に応えてくれるであろう手応えを感じた方もいました。

◆第3位「プリクラ復刻版が最後の後押しに」:11.9%



ヴァニラウェアの代表取締役であり、ゲームクリエイターとしても著名な神谷盛治氏が中心となり、1997年にリリースされたセガサターンソフト『プリンセスクラウン』。ヴァニラウェア設立以前に作られた作品ですが、『オーディンスフィア』の精神的な前作とも言えるゲーム性を備えており、ヴァニラウェアとの縁も深いタイトルです。

そんな『プリンセスクラウン』がPS4向けに復活! 『プリンセスクラウン 復刻版』が『十三機兵防衛圏』の先着購入特典に追加されました。ヴァニラウェアは、魅力的な初回特典を付属することでも知られており、豪華なアートワークスや、デジタルゲームブック『悪霊島の秘宝』などを付属したこともあります。


ゲームを買うと、復刻版とはいえ別のゲームがもう1本付いてくる──この贅沢な特典が最後の一押しになった方もおり、アンケートでは第3位に着地。復刻版を用意する労力は並みならぬものがあったと思いますが、その効果はしっかりと現れているようです。

寄せられたコメントは、「プリクラやりたい」「プリクラはサターン版以来なのでもう一度やりたい」「PS4にプリクラを出してくれる時点で購入決定です」と、『プリンセスクラウン』だから心を動かされたといった意見も多数。中には、「元々検討はしていたが、P5Rや新サクラ大戦もあり、見送り濃厚ダッタガ…。なので復刻版プリクラの画質等によっては、見送る可能性もまだある」と、その出来映えを見守る声もありました。

ちなみに、先着購入特典としてもらえる『プリンセスクラウン 復刻版』の配信時期は今冬を予定しており、『十三機兵防衛圏』の発売よりも後になるのでご注意を。また、『プリンセスクラウン 復刻版』は、PSP版『プリンセスクラウン』と同内容になる模様です。



「ずっと前から購入決定」と「様子見/見送り」、果たして1位はどちらに?
  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1