『十三機兵防衛圏』で話題のヴァニラウェアの歩みは名作・良作の積み重ね! 『グリムグリモア』から最新作まで振り返り─先着購入特典はなぜ『プリンセスクラウン』?

『十三機兵防衛圏』の開発を手がけたヴァニラウェアは、これまでも数多くの魅力溢れるタイトルを生み出してきました。最新作の発売を記念し、その歩みを振り返ってみませんか?

その他 特集
『十三機兵防衛圏』で話題のヴァニラウェアの歩みは名作・良作の積み重ね! 『グリムグリモア』から最新作まで振り返り─先着購入特典はなぜ『プリンセスクラウン』?
『十三機兵防衛圏』で話題のヴァニラウェアの歩みは名作・良作の積み重ね! 『グリムグリモア』から最新作まで振り返り─先着購入特典はなぜ『プリンセスクラウン』? 全 51 枚 拡大写真

十三人の少年少女による群像劇を通して、壮大な物語を展開。そして、機兵に乗り込み、強大な敵を相手取るシミュレーションバトルも待ち構えている『十三機兵防衛圏』が、もうじき発売日を迎えます。

『十三機兵防衛圏』は、発表当時から大きな注目を集めてきましたが、それはビジュアルや設定が魅力的であったのと同時に、開発をヴァニラウェアが担当していたという点も影響しています。

ゲームクリエイター・神谷盛治氏が率いる「ヴァニラウェア有限会社」は、2002年2月8日の設立以来、様々な作品を手がけてきました。美麗かつ個性的なビジュアルを持つゲームタイトルも多く、一目見て「ヴァニラウェアのゲームだ!」と分かるほど。また、ユーザーを引き込む高いゲーム性を備えており、刺激的な体験を提供してくれるという信頼感もあります。そのため、作品単体だけではなく、ヴァニラウェア自体のファンだと自認する方も少なくありません。


最新作『十三機兵防衛圏』の発売が近づいており、ヴァニラウェアへの注目が更に集まっていますが、(当たり前の話ですが)『十三機兵防衛圏』だけがヴァニラウェアの作品ではありません! ・・・という想いを込め、関心が寄せられているこのタイミングに合わせ、ヴァニラウェアの歴代作を一挙紹介したいと思います。

◆『プリンセスクラウン』が『十三機兵防衛圏』の先着特典になった縁とは



『十三機兵防衛圏』の先着購入特典として当初発表されていたのは、デジタル・アートワークスのみでした。ですが後日、トークイベント参加応募券やPS4テーマ、そしてPS4版『プリンセスクラウン 復刻版』(DLC)の追加が決定。「ゲームを買ったらもう1本ゲームがついてくる」という、嬉しい状況となりました。

ちなみに、なぜ『プリンセスクラウン』がチョイスされたのかといえば、ヴァニラウェアが作ったから・・・ではありません。『プリンセスクラウン』が発売されたのは、1997年12月。ヴァニラウェアの設立前なので、同社が開発するのは物理的に不可能です。


しかし、『プリンセスクラウン』とヴァニラウェアは全くの無関係ではありません。同社の代表取締役を務める神谷氏が当時、ディレクターとして『プリンセスクラウン』を生み出したのです。神谷氏のオリジナリティが存分に詰まった本作は、「アトラス×ヴァニラウェアの原点」とも称されており、最新作である『十三機兵防衛圏』の特典として登場するに相応しい縁を持っている作品と言えるでしょう。


わずか13歳で母の跡を継ぎ、女王となった主人公・グラドリエル。国を守るべく奮闘する彼女の姿を美しく描くと共に、戦闘時にはダイナミックなアクションを披露する『プリンセスクラウン』は、リソースの管理や立ち回りも重要で、ゲームとしての歯応えがたっぷり。独自性も高く評価され、長い間愛され続けました。


ちなみに、『十三機兵防衛圏』先着購入特典としてもらえるのは、PSP向けに登場した『プリンセスクラウン』の移植版。『プリンセスクラウン 復刻版』を確実にゲットしたい方は、早めの購入がお勧めです。




新たな挑戦を続けてきたヴァニラウェアの幕開けは「リアルタイムストラテジー」─名作『オーディンスフィア』も外せない!
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 続きを読む

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース