ソニーの技術×ミニ四駆!走行する車体を音と光と映像が彩る「新感覚サーキット」渋谷に登場

ソニーは、タミヤの協力の元、新感覚のレースアクティビティ「High Speed Colors - ソニーとつくる、新感覚サーキット-」をソニースクエア渋谷プロジェクトにて、2月13日より開始する。

その他 玩具
High Speed Colors - ソニーとつくる、新感覚サーキット -
High Speed Colors - ソニーとつくる、新感覚サーキット - 全 12 枚 拡大写真
ソニーは、タミヤの協力の元、新感覚のレースアクティビティ「High Speed Colors - ソニーとつくる、新感覚サーキット-」をソニースクエア渋谷プロジェクトにて、2月13日より開始する。

新感覚サーキットは、高速で走るミニ四駆を、ソニーの高速ビジョンセンシング技術と音、光、映像で彩る、新しいエンタテインメント体験だ。まず、参加者はミニ四駆のボディとボディにマッピングするメインカラー、サブカラー、そしてサーキットの演出を選ぶ。選択したデザインと演出によって、映し出される色や映像が変わるので、参加者自身がクリエイターとなって演出を創り上げることができる。

まずはミニ四駆が走りだすと、参加者が選択したボディデザインが車体にマッピングされる。その後、サーキットにレトロなゲーム風のステージが出現。コース上にコインが現れ、そこをミニ四駆が通って獲得すると音がなり、コース上にDJのターンテーブルが現れミニ四駆が通過すると、スクラッチされたような音が鳴る。さらに、ミニ四駆が進んでいくと、途中で車体がみるみるうちに虫に変化したり、巨大な“目"が出現するなど、演出と音も連動。そしてSF映画の近未来のようなステージに変化し、ミニ四駆の車体からは光線が出て、コース上に軌跡となって現れる。最後には、今までの要素がまざりあった異空間のようなステージに変化。ミニ四駆はレースのゴールラインを切り、フィニッシュとなる。

これらコース内外の演出はKing Gnu(キングヌー)のリーダー常田大希氏率いるクリエイティブ集団「PERIMETRON(ペリメトロン)」と共創。PERIMETRONのプロデューサー西岡将太郎氏が企画をプロデュースし、2人組のクリエイティブユニットMargt氏がディレクションとデザインを、神戸雄平氏がCG演出を担当。また、音楽は20歳のアーティスト、Dr.Pay(ドクターペイ)氏が作っている。

新感覚サーキットは、1レースにつき、2人ずつ体験可能。パターンが180通りあるので、何度でも楽しめる。また、参加者には、自分でカスタマイズしたデザインのミニ四駆と迫力のあるレース走行の様子をおさめたオリジナル動画をプレゼントする。

ミニ四駆を音と光と映像が彩る「新感覚サーキット」 2月13日渋谷に登場

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

この記事の写真

/

関連ニュース