『FF7 リメイク』開発陣インタビュー映像第2弾─“興味ないね”を格好悪く描いた!? エアリスには新たな設定も

発売日が少しずつ近づいている『FF7 リメイク』。開発秘話をチェックし、リリースに備えておきましょう。

ソニー PS4
『FF7 リメイク』開発陣インタビュー映像第2弾─“興味ないね”を格好悪く描いた!? エアリスには新たな設定も
『FF7 リメイク』開発陣インタビュー映像第2弾─“興味ないね”を格好悪く描いた!? エアリスには新たな設定も 全 4 枚 拡大写真

スクウェア・エニックスは、PS4ソフト『FINAL FANTASY VII REMAKE』(以下、FF7 リメイク)の開発者が語るインタビュー動画の第2弾「INSIDE FINAL FANTASY VII REMAKE EPISODE2」を、3月24日に公開しました。

前回の映像では、本作がアクションバトルになった理由や、開発にあたって野村氏が最も気を使った部分などが明かされ、大きな注目を集める形に。その第2弾となる本映像も、開発に臨んだ姿勢や想い、本作の内容などが浮き彫りとなりました。

今回の映像も、まずは北瀬佳範氏が口火を切って登場。リメイク版を制作する準備としてオリジナル版をプレイしたところ、「ミッドガルの中のストーリーって、自分が思っていたよりも短いんだな(と驚いた)」「直線でプレイすると、ミッドガルを出るまで7~8時間くらい」と、印象と違っていた点を語ります。


その上で、「リメイクの制作にあたって、印象深いミッドガルを、僕が抱いていたイメージ通りに広がった世界で体験してもらいたい」との想いから、『FF7 リメイク』では追加要素などを加え、ミッドガルをより深く掘り下げることに注力したと述べました。

また、今回の『FF7 リメイク』が描いている範囲について、「壱番魔晄炉の爆破(を目指す)のシーンから始まり、ミッドガルの様々な側面を描き、ミッドガルを脱出するところまでとなります」と、映像内で改めて言及します。


野島一成氏は、「クラウドの内面を、もっともっと深く描いている」「原作の時はクールで格好良い感じで描いていましたが、今回はちょっと外しているというか、格好悪い時もある」と、本作におけるクラウドの描写について明かしました。

「すぐに見栄を張っちゃったり、知らないことは“興味ないね”と言っちゃったり」「その“興味ないね”は格好良んじゃなくて、格好悪い台詞なんじゃないのって感じでやってるんです」と、切り口の一例も紹介。主人公であるクラウドの新たな一面を、本作で見ることができそうです。


「エアリス」については、幼少期の体験から「自由を大切にする人」「好奇心も旺盛で、他人にも優しい。“生きていること”を大事にしている」と野島氏は表現しました。加えて、鳥山求氏も彼女について触れ、「実は、新しい設定が盛り込まれています」「本当にわずかに出てくるだけなので、分かるか分からないかくらい」と、気になる発言を口にしました。

このほかにも、「ティファ」や「バレット」、「セフィロス」にアバランチのメンバーといった面々についても、彼らの内面や状況などを解説。さらに、シナリオ面における開発秘話なども飛び出しているので、興味がある方は映像を直接チェックしてみてください。

《臥待 弦》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース