『リネージュ2』サービス16周年目前!新井統括Pに聞く基本無料化の手ごたえと16周年イベントの見どころ

『リネージュ2』がついに16周年! 統括プロデューサーの新井氏に、16周年イベントの見どころや長期運営の秘訣をうかがいました。

PCゲーム オンラインゲーム
『リネージュ2』サービス16周年目前!新井統括Pに聞く基本無料化の手ごたえと16周年イベントの見どころ
『リネージュ2』サービス16周年目前!新井統括Pに聞く基本無料化の手ごたえと16周年イベントの見どころ 全 8 枚 拡大写真

エヌシージャパンによるファンタジーMMORPG『リネージュ2』が、2020年6月25日でついにサービス16周年をむかえます。15周年だった昨年も、ソロプレイに特化した「アデンサービス」のスタート、それに既存の「ライブサービス」、「クラシックサービス」を加えた3サービスすべての基本無料化など、時代に即した変化を続けています。『リネージュ2』プレイヤーにとっては思い出深い数字でもあるという"16"周年をむかえ、同作はこれからどんな道を歩んでいくのか? 統括プロデューサーの新井友和氏に話をうかがいました。なお、本記事のインタビューはリモート環境で実施されています。

――16周年がいよいよ目前にせまりました。まずは率直なご感想をお聞かせください。

新井サービスが16年続いたゲームって、それこそもう数えるほどしかないというレベルですよね! 毎年多くのゲームがリリースされ、そしてサービス終了となっていくこの時代で、こんなに長く続けられているのは、ひとえに遊んでくださっているお客様のおかげです。いつも、この感謝の気持ちを忘れないように仕事しております。

16という数字は一見キリがいい数字には見えないかもしれませんが、本作を長く遊んでくれているお客様なら誰もが特別な思い入れを持つ数字ですので、この記念すべき周年をしっかり盛り上げ、そして今後も20年、30年と続けていければと思っています。

――本作において16という数字が持つ意味についても、補足をお願いできますか?

新井本作は「オーバーエンチャント(OE)」と呼ばれる武器の強化システムが、シンプルながらも人気コンテンツのひとつとなっています。武器には安全強化値というものが定められていまして、その安全強化値を超えて強化を行うことをOEといいます。

――+3までは失敗することなく強化できて、+4以降は常に異なる成功率が設定されているのですね。それでオーバーエンチャント(過剰強化)、と。

新井はい。失敗すると素材だけでなく武器もろとも藻屑になってしまうのですが、+16まで強化できると、それまで青かった武器のエフェクトが一転して赤くなるんですよ。かつては、それを持っているだけで有名人! という時代もありました。今では、+30を超える武器も存在しているのですが、長く遊んでいただいている方にとっては「+16(の武器)」というのは、思い入れの深い数値なんです。

武器にオーバーエンチャントを繰り返し、+16に到達できるとエフェクトの色がこのように変わります(画像右が+16)

――16の数字の持つ意味がよく分かりました。+4から+16まで、一度も失敗せずにOEできる確率は相当低そうですね……。そんな武器を持てたら、たしかに憧れの対象となりそうです。

新井オンラインゲームの研究のため、他社さんのタイトルもよく遊ばせてもらいますが、やはり今はどこも安心設計ですね。強化に失敗しても、素材だけならまだしも、ベースにした武器まで失われてしまうことはほとんどありません。かつての本作では、それを乗り越えて+16の武器を手にすることがステータスの1つとして機能していましたが、失敗したときのショックで休止や引退をされてしまう方もいらっしゃいました。

――今では強化にそこまで高いリスクがともなわれるオンラインゲームはあまり見かけないように思います。さて、お話にもありましたように、2019年10月30日にライブ、クラシック、アデン3つのサービスがすべて基本プレイ無料になりました。それを機に、ユーザー層やプレイ人口に変化は見られましたか?

新井おかげさまで、多くのお客様に遊んでいただいている状況が続いています。基本プレイ無料化を機に、各サービスに復帰してくださった方も多いようです。

――その背景には、新型コロナウイルスに端を発する外出自粛の影響もあるのでしょうか。

新井少なからず、影響はあると考えています。昨今は、オンラインゲームのような"じっくり時間をかけて遊ぶゲーム"は、興味があってもなかなか時間が取れなくて遊べない……という風潮でしたが、テレワークが主流になって通勤時間がなくなることで、ゲームに触れる時間的余裕ができて遊ぶゲームの選択肢のひとつになった可能性はあると思います。

――それでは、開発体制への影響はいかがですか。

新井韓国では日本より早く新型コロナウイルスへの対策を取り始めたため、開発体制に大きな影響はほとんど出ていないようです。また、日本においてもテレワーク体制等を取り入れました。慣れるまでは大変でしたが、現在は通常通りの営業ができています。

また、新型コロナウイルスに関連して、罹患された方々には心よりお見舞い申し上げます。様々な影響を受けられている皆様に、心からのお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い回復をお祈りしております。

――昨年開始されたアデンサービスですが、オンラインゲームでありながらソロプレイに特化したサービスとのことで、同年2月に実装された「自動狩り(自動レベル上げ)」ともども、大きな話題を呼びました。その後、評判はいかがでしょうか。

新井自動狩りは、中国や台湾のゲームではだいぶ前から主流になっていました。ゲーム文化が異なる日本では、当初はよい反応が少ない状況でしたが、今はお客様の大半がシステムを理解し、アシストツールとして広く受け入れてくださっていると認識しています。自動狩りに頼らず、プレイヤー同士で集まって狩りをした方が効率がよいということもコミュニティではよく議論されています。

それに自動狩りも、少しでも効率よくやろうと思えば、どこで行うか、どんなマクロを組めばよいかなど、戦略をしっかり練る必要があります。そうした思考をする過程も含めて楽しんでもらえればなと。

実装後の課題としては、「もっと他のプレイヤーとのコミュニケーションを取りたい」というお声をいただくようになりました。今後も変更・改善をして、そうしたご要望にお応えできたらと思っています。

インゲームの16周年記念イベントの見どころは?


――16周年を記念してインゲームで開催されるイベントについても教えてください。アデン大陸をモチーフとしたマップを用いたすごろく風のイベント「アデン大陸ツアー」がライブ/クラシック/アデンサービス共通で開催されますね。


新井アデン大陸ツアー」は、サイコロを振ってコマを進め、止まったマスに応じた豪華な報酬をもらえるミニゲームです。すごろく用のサイコロは、ゲーム内のミッションやNPCから入手できます。盤面には様々なマスがあり、アイテムが獲得できるマスもあれば、しばらく動けなくなるマスもあったりなど多種多様です。

また、赤いマスに止まるとイベントのインターフェース上でワールドレイドボスとサイコロの出目対決が発生し、勝利できると報償が2倍になる……などというおもしろ要素も用意しています。ベースがすごろくであるだけに、休止されていた方や始めたばかりの方でも参加しやすくなっていますので、ぜひ遊んでいただければと思います。

その他、ライブサービスでは人気のイベント「放浪の赤き天秤の商団」の16周年記念版を開催します。さらに、キャラクターの育成・支援をサポートするアイテムを公式サイトから配布するほか、各サービスにあわせたスターティングパッケージの販売なども予定しています。

個人的なオススメは、「これが漢のエンチャントキャンペーン」です。ゲーム内の武器強化をモチーフにしたこのキャンペーンは、武器をエンチャント(強化)して、その結果に応じて先着200名にビットキャッシュ3000クレジットなど豪華な報酬が獲得できるキャンペーンです。見事+20まで到達できたら、実際に装備して使える+16武器を先着でプレゼントします! 往年のユーザーのみなさんは、あの頃を思い出しながら遊んでいただければと思います(笑)。




――キャラクターの強さに依らず遊べる、というのは休止から復帰する場合にもうれしいですね。さて、6月28日には公式の生放送「りね2てれび」が配信されます。次回のアップデート情報などを発表されるかと思いますが、どのような内容になるのでしょうか。

新井アップデート情報をお届けするのはもちろん、ゲーム内イベントや質疑応答コーナーなどの時間も設けて、いつもよりもゆるめに放送する予定です。

気になる次のアップデートは、クラスのバランス調整や、血盟(編注:いわゆるギルドシステム、クランともいう)に関する調整・変更などが主になります。大型アップデートというよりは、「より遊びやすくするための追加アップデート」という位置付けで準備しています。


――その他、年内にインゲームイベントの開催などは予定されているのでしょうか。

新井はい、いくつか用意しています。以前より「グローバル攻城戦」のお話しをしておりましたが、これはもう少し時間がかかりそうです。お話しできる段階になりましたら、続報をお届けいたします。

――楽しみにしています。そろそろまとめに入らせていただきますが、『リネージュ2』が16年もの長きにわたり愛されている理由は、どこにあると分析されておられますか。

新井16年たった今でも通用する3Dグラフィックと壮大な音楽、そして狩りをしてレベルを上げて強くなり、強大な敵を倒すというシンプルなゲーム構造を維持できていること。膨大なデータの分析や、いただいているご意見などを元に、時代の移り変わりに即したアップデートコンテンツをお届けできていること。常に新しい面白さを追求し、最善のサービスを提供できていること。それが、多くのお客様から愛される理由だと思っています。

繰り返しになってしまいますが、2019年に3つのサービスすべての基本無料化を実施いたしました。ときには"タダより高いものはない"などと言われたりもしますが、最近のオンラインゲームは基本プレイ無料じゃないと受け入れられにくい土壌になっていると考えています。他社さんのタイトルでもF2P(Free to Play、いわゆる「基本無料」の略語)が主流ですしね。

――仕事などが忙しく、まとまった時間が取れない状況が続いたりした場合は、仕方ないこととはいえ固定の月額を払うことに釈然としないものを感じてしまうこともあります。

新井それに加え、どんなオンラインゲームにも伴う、長期運営による種々の問題の解決ですね。長くサービスが続くほど、流入してくるお客様と既存のお客様のキャラクターのレベル差が開きますし、新たなシステムや遊びを追加していくことでどんどんシステムは複雑になってしまいます。

こういった問題をどう解決するか。例えば、システムが複雑化していくことについては、それをいかに分かりやすく整備するか、もしくは最初から長期運営を見越して、いかに拡張しても分かりやすさが損なわれないように構築していくか――運営目線からの答えではありますが、こうした部分の施策が幸いお客様に受け入れられていることが、愛され続けている秘訣ではないかなと。

――ありがとうございます。それでは最後に、プレイヤーたちに向けてひと言いただけますか。

新井きたる2020年6月25日で、『リネージュ2』はついに16周年をむかえます! 遊び続けてくれている方はもちろん、復帰してみようかなという方や、ちょっと始めてみようかなという方も、さまざまなイベントを準備してお待ちしております! これからも皆様に愛されるゲームを目指して運営を続けてまいりますので、引き続き『リネージュ2』をよろしくお願いいたします。

エヌシージャパンの新井友和氏

(C)NCSOFT Corporation. All Rights Reserved.

《蚩尤》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース