世界150万本突破の『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』コスプレした朝日奈央が凶悪なクリーチャーを撃退!

『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』公式アンバサダーの朝日奈央さんがコスプレしてゲームに挑戦。

ソニー PS4
朝日奈央/撮影:乃木章
朝日奈央/撮影:乃木章 全 17 枚 拡大写真
DMM GAMES公式番組「DMM GAMES コンソールコレクション」が6月19日に公開されました。第1回目は世界150万本突破のヒット作『レムナント:フロム・ジ・アッシュ(以下、レムナント)』特集。フリーアナウンサーの荒木美鈴さんがMCを務め、ゲストは本作の公式アンバサダー・朝日奈央さんが出演しています。



『レムナント』は、プレイヤーは荒廃した世界を舞台に人類最後の抵抗勢力として、異次元から襲来したクリーチャー「ルート」と戦う高難易度サードパーソン・シューティングゲーム。日本語版が6月25日発売予定です。本稿では収録の様子と朝日さんのインタビューをお届けします。

コスプレした朝日さんが『レムナント』お勉強編と実践編に挑戦


『レムナント』に登場する女性キャラクター「マッケイブ」のコスプレで登場した朝日さん。腰に付けた工具は本物で、立っているだけでもかなり重いとのこと。事前に『レムナント』をプレイしてきたそうで、「チュートリアルの途中で倒れてしまったけど、最初から丁寧に説明してくれるので操作など分かりました!」と語りました。


朝日奈央/撮影:乃木章
3つのクイズで『レムナント』の知識を深める「レムナントお勉強編」では、自信満々な朝日さんでしたが、「TPS」や「MOD」といった聞きなれない単語に戸惑う様子を見せました。


また、ゲーム初心者の朝日さん、ゲーム大好きMCの荒木さん、DMM GAMES社員の3人で協力して高難易度TPS『レムナント』に挑戦。3人を『レムナント』の洗礼が待ち受けます。「仲間がいれば安心!」と果敢に進んでいく朝日さんに注目です。

朝日奈央さんの戦闘スタイルはクリーチャーに殴りかかる!?


『レムナント』公式アンバサダーとして起用された朝日さんの選考理由は大きく二つ。一つ目は「ゲーム好きだけでなく、普段あまりゲームをしていない人にもぜひ知ってもらいたい」、二つ目は番組ゲストとして元気に何事にも挑戦でき、なおかつ『レムナント』内のキャラクターのコスプレを素敵に着こなしてくれる方だったからです。

朝日奈央/撮影:乃木章
――マッケイブのコスプレをしてみていかがですか?

朝日奈央(以下、朝日):
衣装を見た時、めっちゃテンション上がりました!事前にマッケイブの写真を見せて貰っていたのですが、そのまんま細部まで拘って頂いていて。
本物の工具がコスチュームに使われているのでリアルに重いんです!筋トレレベルなんですよ~。マッケイブはこんな重いものを持ち歩いているんだと思うと尊敬します(笑)あと、見逃しがちなのですが、タンクトップのプリントがゲームの中のまんまで嬉しかったです!

――『レムナント:フロム ジ アッシュ』をプレイしてみた感想をお願い致します。

朝日:
今のゲームってほんとにリアルなんだなぁと驚きました。右スティックで視点をぐりぐりと動かすと全部の方向に本当に緻密な世界が広がっていて。普段あまりゲームをしないのですが、ゲームの世界に飛び込んでいると、あっという間に時間が過ぎちゃいますね。

――『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』公式アンバサダーとして、動画でゲームの魅力を伝えしたわけですが、どんな風に取り組まれましたか?

朝日:
私、実はPlayStation4に触れたのも今回が初めてなくらい、ゲーム初心者なんですよ。だから、『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』は難しそうなイメージがあったんですけど、楽しめたし、のめり込むことができたんですね。武器を使う操作も分かりやすいから馴れれば意外と簡単で、私ができるんだから、このジャンルのゲームを遊んだことがない人でもきっとプレイできるだろうなと感じました。

なので、ゲーム初心者の方達と同じ目線で伝えることで、より多くの方に魅力が伝わるんじゃないかと思っています。


――ゲーム中では、人類最後の抵抗勢力としてクリーチャー(ルート)と戦うわけですが、ご自身はもし同じ状況に置かれたら、最前線で戦えそうですか?

朝日:
私ね~割と影に隠れて戦うタイプだと思います。逃げちゃう(笑)。ゲームでは強気でいられるんですけど、プレイしながら「これ現実じゃなくて本当に良かった!」と思いしましたもん。やっぱり、現実だと遠距離から銃を打って仲間をサポートするのが精一杯かなと・・・

――ゲーム中ではオンラインで最大3人の協力プレイができます。朝日さんは実際にやられて見て、どのように動かれましたか?

朝日:
めっちゃ指示出して頂く側でした!今回、一緒にチームを組んだのが番組MCの荒木美鈴さん、それと運営担当の方だったんですね。ゲーム慣れしているお二人だったので、たくさんヒントをもらいました。でも、私はゲームの中だとガツガツと強気だったので、先頭切ってクリーチャーをバンバン殴りにかかりました(笑)。

――たくさんのクリーチャーが登場しますが、苦手なタイプはありましたか?

朝日:
う~ん、基本的に相手が大きいと困りますね(笑)。大きいと本当にビビっちゃって・・・一人でプレイしていた時は大きいクリーチャーが出てきた時は、一回心を落ち着かせようと思って休みました。クリーチャーが小さくいて頂けたらありがたいかなと(笑)。


――また、ゲームの舞台は様々な文明や特徴的な環境の異世界になりますが、ご自身が現実でこれまで行かれた場所で印象に残る記憶はありますか?

朝日:
ドバイですね。現存する建物の中で世界一高いと言われるタワー「ブルジュ・ハリファ」の最上階まで登ったんですけど、「本当に人が作った建物なのか!?」と大きな驚きでした。こんな高い所までエレベーターで来たんだと思ったら急に怖くなっちゃって。最上階からの見晴らしも絶景でしたし、日本しか見てこなかったので、それこそ本当にゲームの世界にいるような感覚でした。

――ご自身ならではの『レムナント:フロム・ジ・アッシュ』推しポイントを教えてください。

朝日:
武器が色々カスタマイズできるので、一つだけじゃなくて色んな武器を楽しめることです。私自身はまだ剣を振り回すくらいしかできないので、五連クロスボウやビームライフルみたいな大きな武器を使いこなしてみたいとは思いますね。

――ちなみに、ご自身はゲーム中ではどんな戦い方を好まれるのですか?

朝日:
意外と殴りかかるの好きなのかなと思いましたね。ゲームの世界では突進していくのが良いかな(笑)。

――最後に、この動画を見た方に一言をお願いします。

朝日:
まず「顔」大丈夫だったかな?ですかねぇ(笑)めっちゃ集中してゲームをプレイしてしまったので変な顔してないか心配です(笑)あと、私がプレイしている動画なんですが、私がゲームに慣れてないので上級者の方々が3D酔いしないか・・・。
レムナントは協力プレイで遊ぶとめっちゃ楽しいです!真正面から突っ込んでいても仲間が助けてくれるので安心感が違います!


製品概要


タイトル:レムナント:フロム・ジ・アッシュ
ジャンル:アクションシューティング
対応プラットフォーム:PlayStation4
価格:通常版 パッケージ 希望小売価格 4,980円+税、通常版 ダウンロード 販売価格 4,980円+税、ダウンロードデラックス版 販売価格 5,980円+税
プレイ人数:1人(オンライン最大3人)
言語仕様:日本語音声 / 日本語字幕
レーティング:CERO Z


Published by EXNOA. (C) 2020 Perfect World Entertainment Inc. and Gunfire Games, LLC. All rights reserved. Developed by Gunfire Games, LLC. Remnant: From the Ashes and Gunfire Games are trademarks, service marks and logos owned by Gunfire Games, LLC.

《乃木章》

この記事の写真

/

関連ニュース