『FGO』イベント未登場の「バーソロミュー」がTwitterトレンド入りした理由とは? 恐怖を吹き飛ばすカルデア・メカクレモーニング

重要キャラクターを抑えてのトレンド上位入り……これがメカクレの執念か。

モバイル・スマートフォン iPhone
『FGO』イベント未登場の「バーソロミュー」がTwitterトレンド入りした理由とは? 恐怖を吹き飛ばすカルデア・メカクレモーニング
『FGO』イベント未登場の「バーソロミュー」がTwitterトレンド入りした理由とは? 恐怖を吹き飛ばすカルデア・メカクレモーニング 全 9 枚 拡大写真

スマートフォン向けFateRPG『Fate/Grand Order』では、2020年夏イベント「サーヴァント・サマーキャンプ! ~カルデア・スリラーナイト~」が開催中です。本イベントは時間経過でストーリーが開放される仕様となっており、本日8月24日10:00にも新ストーリーが開放されました。

これにあわせて、新ストーリーで活躍した「アビゲイル・ウィリアムズ」や、ついに姿を見せた重要キャラクター「●●●(ネタバレのため伏字)」がTwitterトレンドに登場。初公開のシーンもありましたし、トレンド入りするのも納得です。


ところが、なぜか新ストーリーに一切登場していない「バーソロミュー・ロバーツ」までトレンド入り。しかも、重要キャラクター「●●●(ネタバレのため伏字)」よりトレンド上位になっています。

一切出番の無かった彼がなぜTwitterトレンド上位に入ったのか? 今回はその理由を紹介すると共に、今回のトレンド入りで予想できる『FGO』の未来を考えてみます。

※ネタバレ注意!
本記事には、「サーヴァント・サマーキャンプ! ~カルデア・スリラーナイト~」の第十節までのネタバレが含まれます。


なぜバーソロミューがトレンド入りしたのか?


それではさっそく、「バーソロミュー・ロバーツ」がなぜトレンド入りしたのか説明します。といっても、そこまで深い理由はありません。“彼がメカクレ好きだった”、そして“新登場キャラクターもメカクレだった”、それだけです。


そもそもバーソロミューのメカクレ好きは、初期も初期の「第三特異点 オケアノス」から明らかにされていました。そこから数年を経て実装され、想像以上のメカクレ好きっぷりでマスターたちへインパクトを与えることに。

実装前の「惑う鳴鳳荘の考察」、実装後の「バレンタイン2020」でも、メカクレ好きを存分に発揮。バレンタインのお返しには「カタメカクレウィッグ」をプレゼントし、マスターやサーヴァントから「さすがにちょっと怖い」「さすがにちょっと引く」「さすがにちょっとどうかと思う」と言わしめた男です。


そんな彼のメカクレ好きにヒットしたキャラクターこそ、新登場したイベントストーリーの重要キャラクター「徐福」です。片目はバッチリ見えて、もう片目はバッチリ隠れている、紛うことなきメカクレ。おまけに、バーソロミューのドンピシャゾーンである“少年少女”にも該当しているように見えます。


実際にトレンド入りした際のワードも「徐福ちゃん」であり、イベントストーリーでは女性のような扱いを受けていました。新たなヒロインとして注目が集まるのも当然。しかし、徐福以上の話題を集めたのがバーソロミューです。


8月24日15:00ぐらいのTwitterトレンドでは、「徐福ちゃん」がトレンド10位、「バーソロミュー」がトレンド4位。もう「『FGO』のメカクレ要素=バーソロミュー」という構図が出来上がっています。それだけ、彼がマスターに与えた「メカクレ好き」というキャラクター性が強かったわけですね。


“恐怖”がキーワードとなっている本イベントの特異点ですが、黒幕である徐福にバーソロミューをぶつければ、恐怖を超えるメカクレ愛によって解決できるかもしれません。アビゲイルも「死の恐怖には狂気と狂喜でしか対抗できないもの」と語っています。メカクレ愛という狂喜で対抗するバーソロミューの大活躍……有り得たかもしれない。

バーソロミューのトレンド入りから予想する『FGO』のメカクレな未来



今までにも『FGO』では、新サーヴァントやイベント、強力なサーヴァントの復刻など、Twitterトレンド入りをする“定番の流れ”がありました。今回の「水着アビゲイル」や「徐福」もトレンド入りするのは納得できます。

ここに“メカクレキャラが登場したから”という理由で加わったメカクレ好きの海賊「バーソロミュー・ロバーツ」。今後もメカクレ属性の新サーヴァントやNPCが登場する際に、あわせて彼がトレンド入りする……そんな未来が待っているかもしれません(というか、すでにそうなっているかもしれません)。

《茶っプリン》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース