PS5『デモンズソウル』のフォトモードは最高に遊べる―絶景を撮ってもいいし、ネタに走ってもいい

プレイ時間の三割くらいフォトモード。

ソニー PS5
PS5『デモンズソウル』のフォトモードは最高に遊べる―絶景を撮ってもいいし、ネタに走ってもいい
PS5『デモンズソウル』のフォトモードは最高に遊べる―絶景を撮ってもいいし、ネタに走ってもいい 全 18 枚 拡大写真
!注意!本記事にはネタバレが含まれています。閲覧にはご注意ください。



Bluepoint Gamesがリメイクを手掛けるPS5専用ソフト『デモンズソウル』が発売されて約2週間が過ぎました。

プレイヤーの中には、すでに1周目を終えた人もいるのかもしれませんね。あるいはリメイク版の本作で追加され、話題になった「開かずの扉」を開くために奔走している人もいるのではないでしょうか。いずれにしてもまだまだ本作は多くのゲーマーから注目されそうです。

さて、本作にはフォトモードが新たに追加されました。


中世ダークファンタジーを美しく描いた本作にフォトモードがあると、ついつい立ち止まって最高の一枚を撮るまで粘ってしまいます。

上記のスクリーンショットは、筆者渾身の一枚……!撮った時は「なんか公式攻略本に載ってそうなクオリティだな!」とテンションが上がり、自画自賛してしまいました。

このように筆者は、デーモンを倒すためにダンジョンの奥に進みながらも、時には立ち止まって、アマチュアカメラマンとしてスクリーンショットを撮りまくってきたのです。そんなスクリーンショットの数々を以下で紹介します。

『デモンズソウル』でしか見られない絶景!



まずはボーレタリア王城!おそらく、プレイヤーが最初に目にする絶景ポイントだと思います!


実はこの絶景を見た時、10分くらいフォトモードを起動して様々な角度から城壁を撮影していました。それだけここは魅力的に映ったのです。


本当にここを散歩するだけでも癒やされるというか……ずっと見てられますね。

観光気分が抜けないままデーモン倒してました。ごめんなさい。


そしてドラゴンが火を吐きながら迫ってくる一枚!これを撮るために死にました。


ボーレタリア王城は細かい意匠まで本当に素晴らしいです。

他のステージも素晴らしいのですが、フォトモードのために一番滞在していました。


ちなみにフォトモードはオンラインマルチプレイ時でも起動可能。シングルプレイモード時とは違ってゲームの時間は止まりませんが、フレンドと協力して最高の一枚を撮ることができます。

キャラクターに注目してみよう!



被写体を人間にしてみましょう。本作の紅一点である……かぼ……火防女(ひもりめ)さんです。


しかし注目するのは彼女というより彼女の足!少し……いや、かなり汚れていますが、女の子らしい可愛い足ではないでしょうか。

フォトモードだからこそ気づいたところです。


このお兄さんはダンジョンで見かけました!素敵な笑顔ですね!いい人そう!


みんな大好き青ニート先輩!

この角度から彼を眺めるのは初めてです。

ネタに走るのも面白い!!



絶景やキャラクターだけではなく、ネタ丸出しのスクリーンショットを撮ってきました。

短パン一丁で火防女にフランクに話しかける主人公。ダークな世界観台無しです。


崖から落ちそうになるも岩肌を掴み、何とか一命を取り留める主人公です。


しかし、その悪あがきは徒労に終わり、地面に叩き付けられることに……。

なお、このスクリーンショットを撮影するために主人公が4~5回くらい犠牲になりました。


「ちっ覚えてろよ!」って感じの表情をしながら敵から逃げる主人公です。

騎士様の戦い方じゃない……。


何度も死んでいるといじけたくなる時もあります。負け犬同士の傷の舐め合いも時には必要なのではないでしょうか……。


なお、フォトモードはショートカットさえ設定すれば、細かく時を止めることが可能。迫りくる弓矢もこのように空中で止められます。

この仕様を駆使して最高の一枚を撮ってみてください。




このように本作のフォトモードは絶景を撮るだけではなく、登場人物に注目したり、通常画面では見られない視点でモノを見たり、ネタに走ったりできるのです。

上記のスクリーンショットはPS3版『デモンズソウル』のビジュアルアートを真似てみました。何かを再現する遊び方もできそうです。

このフォトモードの搭載によってゲームの遊び方が多様化しているように感じました。今後は、「どのようにしてフォトモードで遊ぶか?」という観点でプレイすると、より長くゲームが楽しめそうですね。

《真ゲマ》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース