【コスプレ】『エヴァ』アスカが尊し!『ニーア』2Bから『アズレン』愛宕まで演じ分ける中国人気レイヤー・半半子の愛が生み出す美しさ【写真28枚】

これまで20回以上もコスプレしたという、アスカのクオリティーの高さに注目!

その他 全般
『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ
『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ 全 28 枚 拡大写真
映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が、1月23日に全国で公開予定。第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(1995年~1996年)を、新たな設定とストーリーで再構築した同作は、2007年公開の第1作から14年かけて完結を迎えます。

『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ
『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ

『エヴァンゲリオン』シリーズは世代を超えてロングヒットした作品で、特にヒロインのアスカとレイは今も多くの人に愛されています。そんなヒロインの一人・アスカのコスプレを追求するのが中国人気コスプレイヤーの半半子さん。二千二百年の歴史を有し、国家歴史文化名城に指定されている江西省に住んでいます(首都圏である上海まで飛行機で1時間半ほどの距離)。

日本のTwitterでもフォロワー約13万もある彼女の“アスカ”コスプレを、インタビューと合わせてお届けします。

眩しい画像を一気見する(全28枚)

◆◆
――コスプレを始めたきっかけは?

半半子大学のサークルです。ずっと日本のアニメが好きだったので、大学のサークルは漫画部に入ろうとしたのに、結果的にコスプレ部にスカウトされてしまいました(笑)。コスプレを理解してからはとても興味を持ち、先輩たちに助けてもらいながら初めてのコスプレをしたんです。それからもう9年が経ちますね。

現在は毎月新しいコスプレの準備をしています。ただし、夏は水着を除けば屋外撮影はほとんどしません。炎天下は本当にコンディションを整えるのが大変ですから。最近コスプレ頻度が高いのは、『エヴァンゲリオン』シリーズのアスカで、あとは自分がよく遊んでいるゲーム『アズールレーン』や『アークナイツ』のキャラですね。

あとは写真撮影だけでなく、コスプレパフォーマンスの大会にも参加することがあります。「チャイナジョイ(chinajoy)2017」のコスプレショーでは金銀賞を受賞しました。「WCG世界電子競技大会2019」ではオンライン審査員を務めたこともあります。

『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ
『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ

――2020年参加したイベントの様子はどうでした?

半半子2020年は新型コロナ感染症の影響で、ほとんどのイベントが中止になりました。なので、8月に広州で開催された大規模動漫イベント(※)「蛍火虫」しか参加できませんでした。会場はとても多く、イベントで集った同じ趣味の仲間と一緒に紅茶を飲み、広州名物を食べてとても楽しかったです。動漫イベントは私にとって、普段はなかなか会えない仲間たちと一緒に食事ができる特別な機会です。

※中国におけるアニメ、ゲーム、同人イベントの総称。

――2020年のコスプレBest3を教えてください。

半半子
1:『エヴァンゲリオン』シリーズのアスカ。撮影回数が多いのと、一番推しているキャラだからです。今後も継続して作品を出していきたい。

『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ
『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ

2:『ニーア オートマタ』ヨルハ二号B型。写真のクオリティーがとても高かったからです。このキャラだと良い作品が撮りやすいのもカメラマンに愛される要因じゃないでしょうか。

『ニーア オートマタ』ヨルハ二号B型
『ニーア オートマタ』ヨルハ二号B型

3:『アズールレーン』愛宕です。撮影のための艦装制作にものすごくお金をかけたんです。最初の撮影ではミラーペーパーを使って、水面に漂う感じを演出しました。

『アズールレーン』愛宕
『アズールレーン』愛宕

――どんなゲームやアニメが好きですか?

半半子私は色んなゲームアプリを遊びますね。だいたいの新作はダウンロードして試してみます。その中でもよく遊んでいるのは、『Fate/Grand Order』、『アズールレーン』、『アークナイツ』です。これらは中国でも流行していますね。忙しい時はすぐに中断できる簡単なゲームを好んでいます。

『アークナイツ』シージ
『アークナイツ』シージ

アニメもジャンル問わず面白ければなんでも喜んで観ますよ。最近だと『鬼滅の刃』が面白かったです。お気に入りは見直すんですが、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』は何度もループしていますね。2021年は『シン・エヴァンゲリオン劇場版』最新作がすごく待ち遠しいです。

『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』エドワード・エルリック
『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』エドワード・エルリック

――モデルとして得意な表現は?

半半子撮影の時はコスプレするキャラの表情やポーズを再現することを心がけているので、自分が得意なポーズは意識しません。撮影前から鏡を見て何度も練習しているんです。ただ、個人的に演じて楽しいのが好きなのは、冷酷、ツンデレ、可愛らしい表情ですね。でも、どうしてもできないのがヤンデレの表情・・・何度も試したんですが上手くいきません。

――ご自身が知られるきっかけになったコスプレは?

半半子『ニーア オートマタ』ヨルハ二号B型だと思います。それをきっかけに、Weiboアカウントのフォロワーも増えました。ただ、私自身は毎回投稿する写真は全部お気に入りなので、その時の写真だけが思い入れ深いというわけでないです。特にコスプレしたいのは、『Fate/Grand Order』セイバーと『新世紀エヴァンゲリオン』アスカなので、これからもたくさん写真を投稿していきたいです。皆さんに気に入ってもらえたら嬉しいです。

『ニーア オートマタ』ヨルハ二号B型
『ニーア オートマタ』ヨルハ二号B型

――コスプレを続ける原動力は?

半半子特別な理由はないです。ただ、好きだから継続してきました。未来でどうなりたいは考えず、毎回挑戦したいコスプレに集中するようにしています。クオリティーを追求していけば、コスプレイヤーとしてもなるようになるでしょう。ただ、コスプレ以外にも目標があって、イラストレーターになりたい。だから絵の勉強もしています。

――撮影ではカメラマンにどんな要望をしていますか?

半半子顔が盛れていればOKです(笑)・・・冗談は置いておいて、特別難しい要望はしないです。出来上がった写真が私の解釈通りのキャラクターになっていれば。そのために、カメラマンとは撮影前にどのような撮影手法にするか、レタッチも含めて相談して臨んでいます。

『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ
『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ

――撮影にあたってどんな準備をしていますか?

半半子写真の出来上がりをまずはイメージします。ロケであれば、最も適した場所を探し、スタジオであれば配置する小道具を購入するか考えます。もし、レタッチで特殊効果を加えるなら、必ず参考資料を見つけ、カメラマンに伝わるようにイラストに描き起こしますね。

衣装やウィッグは当然のことなので特に言う事ではありません。ベストの準備ができたなら、あとは鏡の前でキャラクターの表情やポーズを練習します。

あと、毎回ロケ撮影では小さな袋を絶対に持っていきます。中には、つけまつげ、化粧用パウダーケーキ、口紅、その他化粧道具、安全ピン、ヘアピン、小さなハサミ、ホットメルト接着剤など化粧品から小道具を修理するアイテムまでが入っています。ロケ撮影は予想出来ないことが多いですから。もし何も持って行かずに、装飾品や道具が壊れれば、撮影してくれるカメラマンのモチベーションにも響くでしょう。

――印象深いコスプレ撮影の思い出を教えてください。

半半子中国北部にある大学に通っていた時ですね。冬は寒いとマイナス30度にもなって、路面まで凍るんです。一度、肩が空いたドレスで氷上撮影したんですが、30分経たずに音を上げました。もしもう一度やるか?と聞かれても、繰り返す勇気はありません・・・本当に寒かった。こんな感じで毎回思いついたことを試しているので、すごく新鮮な気分でいられます。

――アスカのコスプレに関しては?

半半子アスカのコスプレはもう20回以上やっています。プラグスーツでの撮影が一番印象深いですね。ある時、水上公園に撮影に行ったら、道路が水没しちゃって、撮影のために長時間そこで夕日を待っていたんですけど、光が水に煌めいて本当に美しかったです。

『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ
『新世紀エヴァンゲリオン』アスカ

――日本に来たことはありますか?

半半子とても悔しいんですが、未だに日本に行ったことがありません。ずっと行きたい気持ちはあるのに、なかなか時間が作れないまま、このような状況になりましたし・・・。今後もし機会があれば必ず日本に行って、日本文化やオタクイベントを思いっきり楽しみたいです。

――最後に、2021年の目標を教えてください。

半半子アスカ以外だと、『アズールレーン』と『アークナイツ』の撮影計画があります。コスプレに関しては大きな目標はなく、毎回良い写真が生まれれば良いと思っています。

『アズールレーン』大鳳
『アズールレーン』大鳳


眩しい画像を一気見する(全28枚)

画像提供:半半子(Twitter:@BANBANKO_ weibo:半半子_

《乃木章》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース