『バイオハザード ヴィレッジ』イーサンってシリーズで最も可哀想な主人公じゃないか?―レオンやクリスにはない“巻き込まれ感”

一般人のイーサンさん、可哀想です……

ソニー PS5
『バイオハザード ヴィレッジ』イーサンってシリーズで最も可哀想な主人公じゃないか?―レオンやクリスにはない“巻き込まれ感”
『バイオハザード ヴィレッジ』イーサンってシリーズで最も可哀想な主人公じゃないか?―レオンやクリスにはない“巻き込まれ感” 全 5 枚 拡大写真

カプコンのPS4/PS5/Xbox One/Xbox Series S|X/PC向けサバイバルホラー『バイオハザード ヴィレッジ』が2021年5月8日に発売されることが明らかになり、さらに本作の体験版『MAIDEN』が配信されました。

筆者も体験版をプレイしました。そこには前作『バイオハザード7 レジデント イービル』と変わらない恐怖体験があり、本作に対する期待感が高まるばかりです。

さて、本作の主人公は、前作に続いてイーサン・ウィンターズです。


前作のイーサンは、消息を絶った妻のミア・ウィンターズを探すため、不気味なベイカー邸に訪れるのですが、そこにはジャック・ベイカーこと不死身のファミパンおじさん(ファンの愛称)が待ち構えており、彼の追跡から必死に逃げることになります。

ここで多くのプレイヤーが、イーサンがこれまでの主人公と違って恐怖に怯えていることがわかるはずです。だって、イーサンってただの一般人だし、職業はシステムエンジニアですから。

『バイオハザード6』の主人公であるレオンは合衆国エージェントですし、なにかと「泣けるぜ」と軽口を叩くし、まさにスーパーヒーローのお手本。クリスも『バイオハザード5』では、筋肉隆々の肉体で巨大な岩を動かす人間離れした技を見せつけ、「この人、ゴリラなんじゃねぇか……?」とファンからネタにされていました(筋肉は続編でしぼみました)。

しかし、イーサンは、そんな超人に引けを取らないほど『バイオハザード7 レジデント イービル』で戦果を残しましたし、この経験によってクリーチャーをも倒せる戦士として成長したといっていいでしょう。


公式サイトの情報とトレイラーのシーンを照らし合わせると、『バイオハザード7 レジデント イービル』の後は、対バイオテロ組織BSAAの庇護のもと、ミアとのすれ違いがありつつも穏やかな生活を送っていたようです。

そんな折、本来自分達を守るはずの対バイオテロ組織BSAAに所属するクリスとその部下とみられる人物によって襲撃され、娘のローズが連れ去られてしまうという事件が発生。イーサンは、娘を取り戻すために本作の舞台である村、そして、そこにそびえる城に向かうことになります。


もう前作に起きた出来事と本作の冒頭のストーリーだけで、イーサンがどれだけ酷い目に遭ってきたかわかるはずです。そして問題は、これからイーサンはどのような目に遭うのかだと思います。


本作の体験版で最初に目にするのは、不衛生な牢屋と拷問器具の数々。体験版の主人公が一体誰なのかは伏せられていますが、おそらく、イーサンのようにこれまで平穏な人生を送っていた人物のはずです。


そこからなんとか抜け出した体験版の主人公は、その先にあった城の内部と思われる場所から脱出を試みますが、城の主「ドミトレスク」の娘と思われる存在が立ち塞がります。彼女は、虫の大群に変化し、執拗に襲いかかってくるのです。そして、彼女から隠れながらある地点へ目指すことに……。

前作をプレイした人なら気づいていると思いますが、この流れは、まさに『バイオハザード7 レジデント イービル』そのもの。今回のイーサンも恐怖の対象の追跡から身を潜めていくことになるのかもしれません。あのトラウマを繰り返すのか……!

今後、イーサンがどのような目に遭うのかはわかりませんが、いずれにしても「一般人のイーサンさん、可哀想です……」と筆者は思うのです。泣けるぜ。

《真ゲマ》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

特集

関連ニュース