『バイオハザード ヴィレッジ』で魔女役を演じた女優のJeanette Mausさんが39歳で死去

結腸がんで8ヶ月の闘病の末に亡くなったとのこと。

その他 全般
『バイオハザード ヴィレッジ』で魔女役を演じた女優のJeanette Mausさんが39歳で死去
『バイオハザード ヴィレッジ』で魔女役を演じた女優のJeanette Mausさんが39歳で死去 全 2 枚 拡大写真

カプコンは2021年5月8日に発売予定となっているサバイバルホラーシリーズ最新作『バイオハザード ヴィレッジ』において、魔女(ドミトレスクの娘)を含むいくつかのキャラクターを演じた女優のJeanette Mausさんが亡くなったことを明らかにしました。

The Hollywood Reporterの報道によればマウスさんは8ヶ月間におよぶ結腸がんとの戦いの末、現地時間1月24日に亡くなったとのこと。39歳でした。また、彼女はクローン病を患っていた他、新型コロナウイルスにも感染していたそうです。

産業映画やコマーシャル等で活躍してきたマウスさん。彼女が生徒や教師、コーチとして約10年間所属していた演劇学校John Rosenfeld Studiosはインスタグラムに数枚の写真を投稿しており、彼女の人となりやこれまでの感謝の気持ちを綴っています。

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース