話題の“ゼロ距離エンターテインメント”がいよいよ本領発揮!Oculus Quest 2配信ソフト『ユージェネ VR Live β』体験会をレポート

6月16日より配信予定の『ユージェネ VR Live β』。本稿ではVR体験会の模様について、レポートをお届けします!

ゲームビジネス VR
話題の“ゼロ距離エンターテインメント”がいよいよ本領発揮!Oculus Quest 2配信ソフト『ユージェネ VR Live β』体験会をレポート
話題の“ゼロ距離エンターテインメント”がいよいよ本領発揮!Oculus Quest 2配信ソフト『ユージェネ VR Live β』体験会をレポート 全 10 枚 拡大写真

位置情報ゲームとキャラクターたちによる生配信が楽しめるスマートフォンアプリ向けゲーム『ユージェネ』。現在β運用が行われている本作ですが、6月16日より、「Oculus Quest/Quest 2」に対応した『ユージェネ VR Live β』が、Oculus公式のアプリ配信サービスApp Labにて配信されることが決定しています。

そんな本作ですが、配信に先駆けてメディア体験会が行われました。気になるライブパートには、ヒロインの1人である田中・コズミック・天(そら)が登場。キャラクターとのコミュニケーションやミニゲーム、ライブパフォーマンスをたっぷり堪能できました。本稿では、その体験会の模様についてレポートをお届けします!

左から田中・コズミック・天、瀬戸さくら、アニャ

VRを使えば『ユージェネ』のライブが没入感たっぷりに楽しめる!

本作の舞台となるのは、謎の侵略者・アイズがはびこる「#世界(ハッシュワールド)」。プレイヤーはロボットのロイドを操作し、本作のヒロインである瀬戸さくらと、アニャ、田中・コズミック・天とともに、世界を救う力を持つ「エール」を集める冒険へと出発します。

LIVEとGAMEが融合した新ジャンル「LPG(ライブプレイングゲーム)」を謳う本作の要素は、オープンワードでの冒険とキャラクターによる生配信の大きく2つ。冒険パートでは日本地図をベースにしたマップの探索やシューティングアクションが楽しめるのですが、今回配信される『ユージェネ VR Live β』では、キャラクターによる生配信がメインのコンテンツとなっているようです。

体験会に登場してくれたのは、頭に生えた宇宙人チックな角がチャームポイントのヒロイン「田中・コズミック・天」。天真爛漫な性格の彼女は、そのハイテンションなトークとモーションから、観ているだけで元気を分けてくれます。

先に配信されているスマホ版は、キャラクターとプレイヤーがリアルタイムでコミュニケーションがとれるライブ配信や、画面のズームや角度を変えられるといった、インタラクティブ性の高いゲーム体験が楽しめます。そして本作はそれに、VR体験が加わるというのですから、その没入感はさらに高まることに。

プレイヤーの実際の動きと合わせてキャラクターに近づいたり、遠ざかったりできるため、まるで本当にキャラと二人きりの空間にいるような気分を味わえます。Oculus Quest 2はコードレスのうえ重くなく、違和感なくゲームに集中できるのも嬉しいポイントです。

実際の体験会の様子。大きく移動する必要がなく、少ないスペースでも十分ゲーム内の会場を歩き回ることができました。

エリア制限などは特に設けられていませんので、初めのうちはとにかくライブ空間に歩き回りたい、キャラクターに近づきたい欲求に駆られること請け負い。キャラクターの目と鼻の先まで近づくことはもちろん、360度あらゆる角度から眺めることができるなど、“ゼロ距離エンターテインメント”を楽しみたいプレイヤーの欲求を、どこまでも叶えてくれる仕組みになっていると感じました。

スマホ版とは異なり、Oculus Quest 2のコントローラーを利用した操作となりますが、基本的には手首を動かしてボタンを推すだけの直感的な操作が可能となっていますので、それほど“慣れ”を必要としません。キャラクターへのメッセージや、プレゼントやアクセサリといったエールも楽々送信することができます。

ミニゲームのコーナーでは、じゃんけんゲーム「えらんで~じゃんけんぽん」と、あみだくじをベースとした「ジャックとあみだの木」の2つが展開。キャラクターと向き合ってミニゲームを堪能できるのはVRならではの楽しみでしたが、数字の順番にオブジェクトをタッチしていく「バーガーファイト1to9」やキャラクターとプレイヤーが対戦する形式の「チューチューオペレーション」など、アクション要素の強いミニゲームがどうVRで再現されているのかも気になるところです。

キャラクターの歌唱シーンでは、自身が手にサイリウムを持っているようなビジュアルに変化。曲に合わせてサイリウムを振ってキャラを応援している気分が味わえるなど、ライブらしさがしっかりと楽しめます。

観客席から眺めるだけでなく、ライブ会場を歩き回ったり、ステージに上がったりと、移動に制限はありません。メッセージやエールを贈ることはもちろん、手に持つサイリウムをマイクに見立ててキャラクターの横に並び立って一緒にデュエットができるなど、プレイヤーによって様々な楽しみ方が満喫できるようになっていました。『ユージェネ』ファンにとってVR版の配信が、Oculus Quest 2の購入を後押しをしてくれると言っても過言ではなさそうです。

個性豊かなキャラクターたちとの、よりゼロ距離なコミュニケーションが楽しめる『ユージェネ VR Live β』は、6月16日よりOculusストアにて配信予定。来たるリリースを、楽しみに待ちましょう!

※本記事内で使用している画像には、配信中のアプリ版『ユージェネ』の#ライブを、開発中のVR版で視聴しているものも含まれています。

《島中一郎》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース