『バトルフィールド 2042』Bot兵士導入で常に満員状態の体験が可能―ソロモードで最大127人のBotと同時プレイも

7月22日から新たなマルチプレイモードの情報を公開予定。

ソニー PS5
『バトルフィールド 2042』Bot兵士導入で常に満員状態の体験が可能―ソロモードで最大127人のBotと同時プレイも
『バトルフィールド 2042』Bot兵士導入で常に満員状態の体験が可能―ソロモードで最大127人のBotと同時プレイも 全 4 枚 拡大写真

エレクトロニック・アーツは、2021年10月22日発売予定の『バトルフィールド 2042』について、Bot導入により常にプレイヤーが最大人数で遊べるシステムについて公開しました


シリーズ最新作では、最大128人(PS4/Xbox One版は最大64人)プレイヤーで対戦できます。シングルキャンペーンモードを廃し、マルチプレイヤーモードのみとなった本作では「全面戦争」「ハザードモード」と、7月22日の「EA Play Live」で公開される新モードの3種類が用意されています。


公式アナウンスによると、Botプレイヤーはサーバー人数を常に満員にする役目を負います。全面戦争モードのマルチプレイヤーでは、参加人数が128人(64人)になるようにBotが不足分に参加。また、ソロモードで127人のBotとプレイする、Co-opモードでフレンドとBotで遊ぶといったこともできるようです。このシステムにより、プレイヤーが好きな時、好きな方法でプレイできるゲーム体験を可能にするとしています。


『バトルフィールド 2042』は、PC/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One向けに2021年10月22日発売予定。7月22日からは本作の最新情報を伝える「EA Play Live」が配信予定です。

《Mr.Katoh》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース