『サイバーパンク2077』自由度高いキャラクリに費やされた時間はなんと6,360,000時間!

265,000日(381,600,000分)という膨大な時間がキャラクリに使われているとこが判明。「#数字で見るサイバーパンク2077」として公式Twitterアカウントにて公開された情報です。

ソニー PS4
『サイバーパンク2077』自由度高いキャラクリに費やされた時間はなんと636万時間!
『サイバーパンク2077』自由度高いキャラクリに費やされた時間はなんと636万時間! 全 2 枚 拡大写真

CD PROJEKT REDは、『サイバーパンク2077(Cyberpunk 2077)』においてキャラクター作成に費やされた時間が6,360,000(636万)時間であることを公開しました。

これは「#数字で見るサイバーパンク2077」というハッシュタグで公式Twitterアカウントが発信しているゲーム情報シリーズで、これまでにも一番“モテる”のは「パナム」であることや、合計プレイ時間が6億時間最も選ばれたライフパスは「ストリートキッド」ということなどが明かされています。

今回の情報は全プレイヤーが本作における自由度の高いキャラクター作成に費やした総時間が636万時間に及ぶという内容。これは「ジョニー・シルバーハンド」のコンストラクトが「Relic」内で過ごした時間の13倍であるとのことです。

『サイバーパンク2077』はPS4(6月21日にPlayStation Storeでの販売が再開予定)/Xbox One/Windows(SteamGOG.comEpic Gamesストア)および海外Stadiaにて発売中です。

『サイバーパンク2077』自由度高いキャラクリに費やされた時間はなんと636万時間!

《いわし》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース