PS5デジタルエディション、新たな型番で300g軽量化ーベースの取り付け方にも変更が

一部店舗では取り扱いも始まっています。

ソニー PS5
PS5デジタルエディション新たな型番で300g軽量化―ベースの取り付け方にも変更がみられる
PS5デジタルエディション新たな型番で300g軽量化―ベースの取り付け方にも変更がみられる 全 1 枚 拡大写真

ソニー・インタラクティブエンタテインメントが発売するプレイステーション5のデジタルエディション新しい型番が登場し、300g軽量化されていることが「ハードウェアの取扱説明書」ページで明らかになりました。


新しい型番は「CFI-1100B」。「セーフティーガイド」を確認すると2020年11月12日に登場した「CFI-1000B」との比較で重さが300g軽くなっていることが判明。


また、「クイックスタートガイド」2ページ目のベースの取り付け方やマニュアル内での表現に変更が見られます。


新型番「CFI-1100B」はノジマオンラインのページでその名を見ることができ、記事執筆時点で完売となっています。今後、他の販売店でも目にすることが多くなりそうです。

PS5デジタルエディション新たな型番で300g軽量化―ベースの取り付け方にも変更がみられる

《HATA》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース