ASUSからテンキー脱着式キーボード「ROG Claymore II」、AIノイズキャンセリング搭載ウェブカメラ「ROG Eye S」発売

ASUSは、脱着式テンキーで左右どちらにも設置可能なゲーミングキーボード「ROG Claymore II」と、AIノイズキャンセリング技術を採用した1080p/60fps対応ウェブカメラ「ROG Eye S」を発売します。

その他 全般
ASUSからテンキー脱着式キーボード「ROG Claymore II」、AIノイズキャンセリング搭載ウェブカメラ「ROG Eye S」発売
ASUSからテンキー脱着式キーボード「ROG Claymore II」、AIノイズキャンセリング搭載ウェブカメラ「ROG Eye S」発売 全 4 枚 拡大写真

2021年7月30日(金)、ASUSは脱着式テンキーで左右どちらにも設置可能なゲーミングキーボード「ROG Claymore II」と、AIノイズキャンセリング技術を採用した1080p/60fps対応ウェブカメラ「ROG Eye S」を発売しました。

「ROG Claymore II」の主な特長

自分のスタイルでプレイ可能

「ROG Claymore II」の特徴は脱着式テンキーパッドで、キーボードの左右どちらにも取り付けることができ、TKLモードとして使用する場合は完全に取り外しが可能です。また、ゲーム内の複雑なコマンドを入力するためのマクロキーパッドとしてプログラムすることもできます。この柔軟性により、自分のプレイスタイルやプレイするゲームのジャンルに合わせてさまざまな組み合わせが可能になります。

ROG RX オプティカルメカニカルスイッチ

ROG RX Redオプティカルメカニカルスイッチは、わずか1ミリ秒の超高速応答と1億回以上のクリック寿命を備え、ブレのない安定したキーストロークを実現します。中空角型ステム設計が採用された高品質なスイッチには 「RGB LED」が組み込まれており、キー1つ1つをまんべんなく照らし出します。

また、4000 mAhの内蔵バッテリーと省電力設計により、 RGBライティングがオンの状態でもワイヤレスモードの場合、 1回の充電で最大43時間ゲームを楽しめます。「ROG Claymore II」の詳細はこちらをご覧ください。

「ROG Eye S」の主な特長

シャープでスムーズなHDストリーミング

滑らかに映像を配信するには、超高速フレームレートが必要となりますが、「ROG Eye S」は1080pの解像度とフレームレート60fpsに対応しており、ストレスの少ない滑らかな映像配信が可能です。

また、顔自動認識技術とオートフォーカス技術により配信者の顔を素早く検出し、必要に応じて微調整します。この機能によって配信者が背景に埋もれることなく、自動で明るくはっきりとした顔を映し出せます。さらに、暗いゲームセッティングでの配信にも適しているので、様々な状況下でもしっかりと配信を進めることが可能です。

AIノイズキャンセリング技術搭載

「ROG Eye S」は、 AIノイズキャンセリング技術を搭載したビームフォーミングマイクによって精密な音声を可能にしています。このスマートマイクは、 5億種類のバックグラウンドノイズを検出して最小化し、声を調和することで鮮明な会話を実現。周囲のおしゃべりやキーボードの打鍵音、マウスのクリック音などを最大95%まで低減します。「ROG Eye S」の詳細はこちらをご覧ください。


《酒井 雄斗》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース