アバターの口の動きがより滑らかに!音声認識リップシンク「CRI LipSync」が「Animaze」に標準搭載

より自然なアバターに。「Animaze」に音声解析リップシンクミドルウェア「CRI LipSync」が標準搭載。

ゲームビジネス VR
アバターの口の動きがより滑らかに!音声認識リップシンク「CRI LipSync」が「Animaze」に標準搭載
アバターの口の動きがより滑らかに!音声認識リップシンク「CRI LipSync」が「Animaze」に標準搭載 全 2 枚 拡大写真

CRI・ミドルウェアは、同社が提供する音声解析リップシンクミドルウェア「CRI LipSync」がバーチャルアバター制作支援ツール「Animaze」に標準搭載されたことを発表しました。

「Animaze」はウェブカメラで読み取った表情や動きを、即座にバーチャルアバターに反映するソフトウェア。主にVTuber活動や、アバターでの動画配信などで使用されています。ここに音声を解析して、ボイスデータから唇の動きを生成するミドルウェア「CRI LipSync」が搭載されることで、よりアバターの口がリアルに動くようになるとしています。

■「メタバース(仮想空間)」でも活躍するバーチャルアバター制作技術

「Animaze」はウェブカメラで読み取った表情や動きを即座にバーチャルアバターに反映するソフトウェアです。
バーチャルキャラクターでビデオチャットやYouTube配信を行う際などに使用され、全世界向けにリリースされています。
「CRI LipSync」は、音声を解析しボイスデータから唇の動きを生成するミドルウェアです。
英語・中国語など様々な言語に対応しており、特に日本語の解析精度に強みを持ちます。
「Animaze」と組み合わせることで高い精度でキャラクターを動かすことができ、バーチャルアバターのより一層の普及に貢献します。
「メタバース(仮想空間)」において、自身の分身となるバーチャルアバターは非常に重要な立ち位置を占めることから、本採用を機に、今後もさらなるユーザー層の拡大を見込んでおります。

■ライブにも収録にも使えるリップシンク技術

「CRI LipSync」はリアルタイムでの解析にも対応しており、収録した音声だけでなく、
マイクから入力される音声データの解析も可能です。即座に口パク(リップシンク)を数値として出力しキャラクターの動きに組み込むことができます。2019年の提供開始以降、VTuberの配信やバーチャルキャラクターライブに採用され、その解析精度は高く評価されています。
「メタバース」でのリアルタイムコミュニケーションにおいても、アバターの口がリアルに動くことによって、よりスムースな会話が可能になります。Animazeに標準搭載されることにより、法人だけではなく、個人の開発者の方にも使用機会が提供できることになり、バーチャルキャラクター、バーチャルアバターを活用するすべてのサービス、コンテンツ制作におけるデファクトスタンダードツールを目指します。


《高村 響》

高村 響

多義的に面白いことが好きです 高村 響

兵庫県生まれ。子供の頃からゲームを初めとしたサブカル全般にハマっていたものの、なぜか大学にて文学研究で博士課程まで進むことに。本が好きで、でも憎い。純文学を中心とした関係性の中で生きていたが、思うところあってゲームライターに転向。その結果、研究のさなかゲームをしまくっていたことが恩師にバレつつある。 読んでくださっている皆様、どうぞよろしくお願いします。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

関連ニュース