リアルアカギが『プロスピA』で覇王に!?萩原聖人がリーグ戦で驚きの成績を残す

俳優と声優、プロ雀士の“三刀流”として有名ですが、実は刀をもう1本隠し持っていたようです。

モバイル・スマートフォン Android
リアルアカギが『プロスピA』で覇王に!?萩原聖人がリーグ戦で驚きの成績を残す
リアルアカギが『プロスピA』で覇王に!?萩原聖人がリーグ戦で驚きの成績を残す 全 4 枚 拡大写真

俳優としてはもちろん、声優やプロ雀士など、あらゆるジャンルで才能を発揮している萩原聖人さん。今度はスマートフォン向けアプリ『プロ野球スピリッツAプロスピA)』でも驚きの活躍を披露し、ファンを騒然とさせているようです。

実は“四刀流”だった可能性

萩原さんは、ドラマや映画で30年以上に渡って活躍するベテラン俳優。また、2005年放送のTVアニメ「闘牌伝説アカギ ~闇に舞い降りた天才~」で赤木しげる役を務め、2007年と2011年には「逆境無頼カイジ」シリーズで伊藤開司役を演じるなど、声優としても一躍有名になりました。

さらに、麻雀でもかなりの実力を誇っており、2018年からは「日本プロ麻雀連盟」に入会してプロ雀士へ。現在は「M.LEAGUE」(Mリーグ)「TEAM RAIDEN/雷電」に所属し、“リアルアカギ”としてその名を轟かせています。

そんな萩原さんの新たな活躍の場となったのは、意外にもプロ野球ゲーム『プロスピA』。同作の「リーグ」モードで、トップクラスの成績を収めたとして、大きな話題になりました。

リアルアカギが「覇王」へ

『プロスピA』の「リーグ」とは、自身でオーダーを構築し、全国のライバルたちと戦う対戦モード。7日間で計105試合が自動で開催され、その勝敗で「リーグランク」の昇降格が決定します。

「リーグランク」は、全部で10段階に分かれているのですが、中でも頂点の「覇王リーグ」では毎週猛者たちが激戦を繰り広げている模様。そこで萩原さんは、「RMO雷電」というプレイヤー名でプレイ中とのこと。そしてなんと、6月6日から12日の週で見事1位に輝いていました。

並のプレイヤーでは「覇王リーグ」に到達することすら困難であり、トップに君臨できるのは、ほんの一握り。そのため、SNS上では「ハギープロスピやってたのか…」「萩原聖人さんスゲーwww」「ハギーやっぱすごい」などと驚きの声が広がっていました。


  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《サワディ大塚》

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

関連ニュース