主役の「マリオ」は、宮野真守さんが担当!映画『スーパーマリオ』の日本語版キャストが明らかに

アニメ映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』における、日本語版キャストが明らかに!

ゲーム 映画・舞台
『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』第2弾トレーラーからのスクリーンショット。
『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』第2弾トレーラーからのスクリーンショット。 全 10 枚 拡大写真

日本国内では2023年4月28日の公開を予定しているアニメ映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』。その第2弾トレーラー映像が公開され、日本語版吹き替えを担当するキャスト陣が明らかになりました。

主役である「マリオ」を演じるのは、これまで『STEINS;GATE』の「岡部倫太郎」や『ペルソナ5』の「坂本竜司」、アニメ「ポケットモンスター ベストウイッシュシリーズ」の「デント」等を演じてきた宮野真守さんが担当します。

そのほか、「ピーチ姫」は志田有彩さん、「ルイージ」は畠中祐さん、「クッパ」は三宅健太さん、「キノピオ」は関智一さんがそれぞれ担当します。

「マリオシリーズ」生みの親で、任天堂代表取締役フェローでもある宮本茂氏は同映画に対して、「映画の仕上げはほぼ完了していて、もう何も言っちゃ駄目ですよと、釘を刺されています(笑)」とコメント。

予告にはゲーム版『スーパーマリオ』を連想させる描写や、『マリオカート』の人気コースである「レインボーロード」のような場所を爆走する場面もあり、ゲームファンにとっても期待高まる作品となりそうです。


「Amazonブラックフライデー」はこちら
スーパーマリオ オデッセイ - Switch
¥5,364
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
マリオカート8 デラックス - Switch
¥5,400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《ねんね太郎》

ねんね太郎

また、お会いしましたね ねんね太郎

ゲームセンターとテレホーダイが生み出す濁流に、満面の笑みで身投げした雑食系ゲーマー。油断すると余裕で半日は寝てしまうため、スヌーズ機能が欠かせない。ゲーム以外の趣味は、モノを捨てること。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース