『ポケモン スカーレット・バイオレット』「ボタン」の父親は、過去作にいた!?『ソード・シールド 冠の雪原』ピオニーとの関連が指摘される

ボタンの父親は過去作にいた!?「ピオニー」と「ボタン」の関係性、その名前にヒントあり。

ゲーム Nintendo Switch
『ポケモン スカーレット・バイオレット』「ボタン」の父親は、過去作にいた!?『ソード・シールド 冠の雪原』ピオニーとの関連が指摘される
『ポケモン スカーレット・バイオレット』「ボタン」の父親は、過去作にいた!?『ソード・シールド 冠の雪原』ピオニーとの関連が指摘される 全 6 枚 拡大写真

本記事は、『ポケモン スカーレット・バイオレット』のストーリー「スターダストストリート」に関するネタバレを含みます。未クリアの方は、ご注意ください。

『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』に登場する、アカデミーの生徒「ボタン」。本キャラクターを巡り、その父親は『ポケモン ソード・シールド』のDLC『冠の雪原』に登場する、「ピオニー」ではないかと話題になっています。

「ボタン」は『ポケモン スカーレット・バイオレット』に登場する、主人公と同学年の生徒。赤色と青色が混じったショートヘアの女の子で、イーブイのバッグをいつも背負っています。少し人見知りな性格で、とある理由であまり学校には来ていないとのこと。

そんなボタンについては、同作内で「ガラル地方に実家があること」、そして「自身のことが大好きな父親を持つこと」が明かされます。父親については、「ドがつくほどウザい……」「声はデカいし、スキンシップヤバいし、ボタちゃんとか変な呼び方するし!」と思春期っぷり満載でコメント。やや過干渉ではあるものの、娘好きの父親を持っていることが伺えますね。

本作発売後、ネット上では「ボタンの父親とは誰なのか」という疑問が浮上。そこで導き出されたのが、父親は『ポケモン ソード・シールド』のDLC『冠の雪原』に登場する「ピオニー」ではないか、という説です。

ピオニーは同作にて、伝説のポケモンの言い伝えを確かめるために探検をする男性。なかなかアツい性格をしており、時には人の話を聞かない豪快な振る舞いを見せることもあります。

ピオニーとボタンの繋がり…その最も大きなカギは、それぞれの名前にあります。「ボタン」という名前で連想される花「牡丹」を英訳すると、驚くことに「peony(ピオニー)」となり、前述のキャラクター「ピオニー」と完全に一致。『冠の雪原』はガラル地方を舞台としていることに加え、公式サイトによると、ピオニーは「娘思いの優しい一面も持ち合わせている」とのことで、ボタンによって語られた「自身(娘)のことが大好きな父親」像にも当てはまります。

また同作には、ピオニーの娘として「シャクヤ」も登場。ピオニーはシャクヤのことを「シャクちゃん」と呼んでおり、ボタンが文句を言っている「ボタちゃん」という呼び方に似通ったものがありますね。

ネット上では、「シャクヤ」をボタン科の花「シャクヤク(芍薬)」とし、立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」というように、美人を例えることわざを連想するユーザーも見られました。


記事執筆現在、『ポケモン』公式から「ボタン」の父親に関する情報は発表されていません。ですが、もしかしたら「ピオニー」と何らかの関係があるかもしれませんね。


ポケットモンスター バイオレット -Switch
¥5,673
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ポケットモンスター スカーレット -Switch
¥5,200
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《おおなっぱ》

おおなっぱ

地球生まれです おおなっぱ

2001年8月生まれ、香川県育ち。大学では文芸、評論、ジャーナリズムを専攻中。小学生の頃、執筆関係の仕事に興味を持ち、サイト等を通して作品を複数掲載。初めてプレイしたゲームはマリオギャラクシー。好きなゲームはFE、ゼルダ、モンハン、NieRなど。好きなうどんはしっぽくうどん。日々勉強中です。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース