『原神』最新アプデで「ワープポイント」に嬉しい調整!今後も“地下マップ”の追加は続くかも?

「ワープポイント」が地上・地下どちらにあるか分かりやすく!さらに「テイワットマップ」にも“地下マップ”が追加されました。

ゲーム PS5
『原神』最新アプデで「ワープポイント」に嬉しい調整!今後も“地下マップ”の追加は続くかも?
『原神』最新アプデで「ワープポイント」に嬉しい調整!今後も“地下マップ”の追加は続くかも? 全 4 枚 拡大写真

PS5/PS4/スマホ/PC向けオープンワールドRPG『原神』にて、本日1月18日に配信されたVer.3.4アップデート。ここで行われた「ワープポイント」の調整に称賛の声が集まっています。

この調整は、ワープポイント(※秘境含む)が地上に存在しない場合、「非野外エリアに位置する」と表記されるようになったというもの。マップ上でも専用マークが追記されており、一目で地上か地下にあるのか判断できるようになりました。

純粋に分かりやすくなったのはもちろん、これは未発見のワープポイントにも適用されるため、初めて訪れる地域を探索する際も混乱せずにすみます。

また、HoYoLABで確認できる「テイワットマップ」にも“地下マップ”の項目が追加。特にスメールは地下マップの作りが凄まじいため、これらの対応にSNS上では「地下のワープポイントが分かりやすくなってる!」「地下マップ便利!」などの反応があがっています。

※「テイワットマップ」の地下マップはプレイヤー提供です。

地下関連の調整にも手が加えられたことで、スメールのみならず今後追加されるフィールドでも「地下の冒険」が描かれるのでは?と期待が高まるところです。


るるぶ原神
¥990
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《茶っプリン》

茶っプリン

ゲームライター 茶っプリン

「ゲームの新情報を一番に知りたい、そして色んな人に広めたい」そんな思いからゲームライターに。インサイドではニュースライター、時々特集ライターとして活動。関係者、ユーザーから生まれるネットブームにも興味あり。

この記事の写真

/
【注目の記事】[PR]

特集

関連ニュース