『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』使命は巫女との間に子供をつくること

スパイクは、プレイステーション・ポータブルソフト『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
全 23 枚 拡大写真
スパイクは、プレイステーション・ポータブルソフト『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』の最新情報を公開しました。

『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』は、スパイクが送る新作RPGです。救世主「マレビト」として異世界「グランバニア」に召喚された主人公「弓削イツキ」。「ケガレ」から世界を救えるのは、「マレビト」と、「マレビト」と「12星座の巫女」との間に生まれた「星の子」だけです。「巫女」たちと絆を深めて強い「星の子」をつくり、世界の「ケガレ」を祓います。

「グランバニア」では、人と人が交わることで「ケガレ」が放出され、そのまま放っておくと合体や融合を繰り返し、人に災いをもたらす魔物となってしまいます。しかし、人の交わりは種の保存のためには必要不可欠。「グランバニア」の人々は「星の力」を借りて、「ケガレ」を「星屑の迷宮」に閉じ込めています。

何千年も前に大魔術師によってが建造された「星屑の迷宮」。放出された「ケガレ」はすべて迷宮に吸収され蓄積されています。しかし、人の交わりは永遠に続くもの。迷宮が「ケガレ」であふれ返ってしまわないために、迷宮の奥には12個の「星授(せいじゅ)」が納められています。

「星屑の迷宮」の一番奥に納められている「星授」は12星座の数だけ存在します。「グランバニア」には12星座を象徴する神が存在し、各星座の「星授」には、その「星座神」の加護を受けた民から出た「ケガレ」を吸収する力があります。しかし「星授」は「星の巡り」により120年の周期で「ケガレ」を吸収する力を失っていきます。

12個の「星授」が力を失う時期はそれぞれ10年ずつのズレがあります。つまり、10年毎に1つずつ「星授」が力を失っていることになります。この「星の巡り」のメカニズムついては詳しくわかっていないのが現実であり、古文書にも「この世界を巡る星神が形成する因果」としか書かれていません。

「星授」が力を失えば、その星座月に生まれた民が吐き出した「ケガレ」は吸収できなくなってしまいます。それが続き、迷宮から「ケガレ」があふないよう世界を救うことこそ、「星授」が力を失う度に現れる「マレビト」の使命です。

■12星座の巫女
本作に登場する「12星座の巫女」のプロフィールが続々と明らかになっています。公式サイトではサンプルボイスを聴くことができるので、あわせてぜひ聴いてみてください。

・ルカ(CV:大本眞基子)
孤児院の手伝い A型
蟹座の巫女。話すだけで相手の心を読むことができる「ツクヨミ」と呼ばれる存在です。自分と話す人は本当のことしか話せない辛さを知っているため、冷たい態度を取ることで人との関わりを自ら絶ってきました。自分の事が嫌になり遠ざけられるようになるなら、初めから仲良くなんかしない方がいいという想いを秘めながら・・・。

・フェルミナ(CV:藤田咲)
大富豪の一人娘 B型
獅子座の巫女。大勢の召使を従える大富豪の一人娘であるがゆえに、ワガママで自分勝手で自信もたっぷりです。本人曰く、本来であれば触れることさえ恐れ多いらしく、自分が巫女になった以上、世界の平和は保たれたも同然、とのこと。一筋縄ではいかないお嬢様のようです。

・粉月マヒル(CV:加藤英美里)
幼なじみ A型
乙女座の巫女として主人公と共に「グランバニア」に召喚された幼なじみ。24個の妊娠検査薬が妊娠していると証明していますが相手は不明。本来「12星座の巫女」は「グランバニア」の民から選ばれますが、なぜ彼女が巫女として召喚されたのでしょうか。いつでも「イツキ」のお守り役になることに辟易しています。突然現れ、密かに立ち聞き。それがマヒル。

■ケガレとの戦い
色彩あふれる空間である「星屑の迷宮」で「ケガレ」とのバトルが発生。主人公と「星の子」である子供達の総勢13人がワラワラとバトルフィールドを駆け巡ります。敵をどこから攻めるのかなど、ポジショニングが重要となるバトルシステムが採用されています。

明らかになる世界観とストーリー。主人公「弓削イツキ」は「12星座の巫女」との間に「星の子」をつくることはできるのでしょうか。

『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』は4月26日発売予定。価格はパッケージ版が6,279円(税込)、ダウンロード版が5,200円(税込)です。

(C)Spike All Rights Reserved.

《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

この記事の感想は?

この記事の写真

/

関連ニュース