「クリアな音質でマツコ・デラックスに罵倒されたい」吉高由里子さんが「comm」で

その他 全般

吉高由里子さん
吉高由里子さん 全 16 枚 拡大写真
本日午後から開催された「comm」のスタート発表会。テレビCMにも出演した吉高由里子さんが登場し、トークセッションが行われました。

まずは先週撮影したばかりのテレビCMについて紹介。16日(金曜)から放送予定の第一弾「commデビュー編」では吉高さんがcommを使った通話をする様子が描かれます。独特の声で「commは無料で高音質・・・えー、じゃあcommでいいじゃん!」という15秒ながら非常にインパクトの強い内容で印象に残るものになりそうです。

吉高さんはCM撮影を振り返りながら、「先週撮影をしたばかりなのに、もう明後日から放送開始というのは勢いを感じるし、commの勢いを加速させるものになるんじゃないか」とコメント。「じゃあcommでいいじゃん!」という決め台詞(?)については「少し恥ずかしい」と言いながら「今度は福田彩乃さんにマネされないようにしたい」と警戒心をのぞかせていました。

comm戦略室の山敷氏は起用の理由について「20代の女性に高い人気を誇る点」と説明。増えている女性のスマートフォンユーザーをターゲットとしたものだということです。CMは続編も予定されていて、吉高さんは「もっとしっとりしたイメージのものも撮影した」と説明。歌手の美輪明宏さんとの共演もあったそうで、オンエアが楽しみです。

多くの女の子と同様に電話が大好きという吉高さん、最長3時間弱も通話をし続けたこともあるそうです。commならどのくらい話せそうですか? という質問には「携帯のバッテリーが無くなるまで話せそう」と答えていました。また、無料通話なので「グループで一緒に入って、スピーカーモードにしてのんびり会話を楽しむのもいいかも」と活用法も紹介していました。

また、芸能界で通話をしたい人は? という質問には「クリアな音質でマツコ・デラックスさんに罵倒されて、commを通じて美輪さんのオーラを感じたい」との願望を紹介していました。

最後に吉高さんは「音声品質は凄く良くて、電話が切れたり、途中で聞こえづらいということも無いのでオススメです。みなさん宜しくお願いします」と挨拶。頑張ってcommの普及を後追していくと応援団長を買って出ていました。

《土本学》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース