ファクター5が開発していたWii向け『スターウォーズ』映像がリーク

ドイツのファクター5が開発していて、開発中止となった『スターウォーズ』ゲームの映像がリークされています。IGNが匿名のソースから受け取ったとのこと。

任天堂 Wii
ドイツのファクター5が開発していて、開発中止となった『スターウォーズ』ゲームの映像がリークされています。IGNが匿名のソースから受け取ったとのこと。

『Star Wars Rogue Squadron: Rogue Leaders』は、ゲームキューブで発売された『スター・ウォーズ ローグ スコードロン II』と『III』を1本のパッケージにまとめ、追加コンテンツを搭載して発売される予定だったゲーム。60fpsや複数の操作方法(Wiiリモコンをライトセイバーのように使う操作など)をサポートする計画でした。

ファクター5はドイツ・ケルンで設立されたデベロッパー。90年代中盤からルーカスアーツや任天堂との良好な関係から「スターウォーズ」を舞台にしたゲームを数作開発、高い評価を受けました。2000年代にはソニーとの独占契約で『RISE FROM LAIR』を開発するも、低迷。その後倒産するBrash Entertainmentとの大型契約でも痛手を負ったと伝えられます。スタジオは縮小され、現在もウェブサイトは存続しているものの、動静が聞かれない状況が続いています。

《Mr.64》

関連ニュース