『久遠の絆 再臨詔』iOS/Android向けに配信開始! 千年の歳月を越える物語がアプリ化

モバイル・スマートフォン iPhone

『久遠の絆 再臨詔』iOS/Android向けに配信開始! 千年の歳月を越える物語がアプリ化
『久遠の絆 再臨詔』iOS/Android向けに配信開始! 千年の歳月を越える物語がアプリ化 全 6 枚 拡大写真

日本一ソフトウェアは、iOS/Androidアプリ『久遠の絆 再臨詔』を、2月17日より配信開始しました。

1998年にプレイステーションソフトとして登場した『久遠の絆』は、「輪廻転生」をメインテーマに、平安・元禄・幕末・現代の4つの時代を舞台に繰り広げられる因縁と恋の物語を描き、多くのゲームファンから高い人気と高評価を博しました。


そんな『久遠の絆』をベースに、新シナリオの追加などを施した『久遠の絆 再臨詔』が、このたび装いも新たにスマートフォンアプリとして登場。圧倒的なボリュームで綴られる物語を、場所を選ばず気軽に楽しむことができます。


スマートフォン向けに最適化されたアプリ版『久遠の絆 再臨詔』、気になる方はぜひチェックしてみてください。なお価格は、1,400円(税込) です。

■ストーリー
主人公は平凡な高校生。謎めいた転校生「万葉」の出現により、彼の身辺は次第に騒がしくなる。巻き起こる猟奇的な事件、そして本人にとって最大の謎である意味不明の悪夢。その因が自身の魂に刻まれた「闇の皇子」の力にあることをまだ彼は知らない。

時は遡り、平安の世。天命を果たすべく降臨した「螢」は、ある日一人の陰陽師に命を救われる。彼の名は「鷹久」。ほどなく二人は恋に落ちるが、螢は彼の体内に潜む「闇の皇子」の資質に気付く。「真の皇子」を助けるべき天命と、「闇の皇子」との恋の間で揺れる螢。タブーを破ったものに待つものは…。

螢「私を捜して、鷹久…なんども、なんども…罪が許されるその日まで…ああ鷹久…ときが見えるわ…」

平安、元禄、幕末、現代。彼らは時と場所を超えて再び巡り合う。それは、過去から現代へと続く、辛く悲しい恋物語の再演なのか…。

■スマートフォン向け『久遠の絆 再臨詔』
URL:http://nippon1.jp/mobile/kuon/




(C)IPLAY&XUSE Inc./Nippon Ichi Software, Inc. All Rights Reserved.

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の写真

/

関連ニュース