【姫子さんのゲーム本能寺!】第54話:空気の読めないゲームキャラシリーズその2、アイテムボックスの秘密編

その他 全般

この物語はとある宇宙の片隅のゲーム会社「天守閣ゲームズ」のひとたちが織り成す、ゲーム業界のゆるふわな日常を赤裸々に描いた物語である。

◆登場人物



キャラ紹介ページはこちら!

◆とあるサヴァイバルホラーゲームキャラの空気の読めないクラリスさん、洋館でアイテムボックスの秘密に気が付いてしまう……



空気の読めないゲームキャラシリーズその1はこちら


◆今週のいいわけ


といったかんじです。

ゲームの拠点や中間地点に置かれているアイテムボックス。
所持制限を超えたアイテムを保管するいわゆる倉庫的な役割。
そしてたいてい、入れたアイテムはどこの箱からでも取り出せる地味だけどものすごい機能がある箱なんですよね。

このアイテムボックスの仕組みをゲーム内でフォローされることはなく、どんな仕組みでアイテムを共有してるのか?誰がこの箱を置いたのか?主人公たちはなぜこの箱の秘密を知っているのか?と気になることすべてに沈黙して鎮座している箱なのです。

そして、あるとき気が付くのです。
もしかして、あの箱を持ちあるけばドラえもんの四次元ポケットみたいにいつでもアイテム取り出し放題なのではないのだろうか?
そして、この中に人が入ったら攻略してないマップにもワープできちゃうんじゃないだろうか?
さらに、この箱に敵を誘い込んだらどんな強い敵、すなわちラスボスでも無効化できるんではないのか?

ということはこの箱を使いこなせれば無敵!それになぜ気が付かないのだゲームキャラたちよ、今欲するはこの箱だ!これこそ、最強のアイテムなのだ!と
ゲームが難しくて先に進めないときアイテムボックスの前で妄想する私なのでした。

それではー。

■著者紹介:ううたん

ゲーム業界の人です。 「姫子さんのゲーム天守閣!」というブログやっています。ささやかながらポジティブに業界貢献したいされたいです

ブログ:姫子さんのゲーム天守閣!

《ううたん》

特集

関連ニュース