『龍が如く』の体験型イベントが2018年夏開催―実際にキャバクラやホストクラブに入店して謎を解く!

その他 全般

『龍が如く』の体験型イベントが2018年夏開催―実際にキャバクラやホストクラブに入店して謎を解く!
『龍が如く』の体験型イベントが2018年夏開催―実際にキャバクラやホストクラブに入店して謎を解く! 全 3 枚 拡大写真
セガゲームスは同社の人気シリーズ『龍が如く』にて、リアル捜査ゲーム「歌舞伎町探偵セブン」とコラボした体験型ゲームイベント『100億の少女誘拐事件』を2018年夏より開催すると発表しました。

これは、新宿・歌舞伎町をプレイヤー自身が実際に歩き、施設などで情報を集めながら事件の真相を目指すというもの。シリーズの主人公、桐生一馬もゲーム内に登場し、『龍が如く』の世界観をよりリアルに感じることができます。

【詳細はコチラへ:イベント公式ウェブサイト】
https://mysterycircus.jp/tanteiseven/ryu-ga-gotoku/

『100億の少女誘拐事件』


これは探偵となったあなたが、バーやキャバクラ、ホストクラブなど実際に歌舞伎町を巡り事件を解き明かす体験型ゲームイベントです。

2018年 夏 開催!

『龍が如く』とは?
架空の巨大歓楽街を舞台に、愛・人情・裏切りなどさまざまな人間ドラマを描くことで、これまでゲームが決して踏み込むことのできなかったリアルな現代日本を表現した、アクションアドベンチャーゲームシリーズです。2005年12月8日に発売された初作、PlayStation2 用ソフト『龍が如く』を皮切りに、ナンバリングシリーズ、スピンオフタイトル、廉価版を含め、シリーズ累計出荷本数1000万本以上を記録しています。

歌舞伎町探偵セブンとは?


探偵になりきって実際の歌舞伎町を歩き回り捜査する“リアル捜査 ゲーム”。参加者は探偵事務所の一員としてクセ者揃いの探偵たちと歌舞伎町を揺るがすさまざまな事件に挑み、本物のキャバクラやホストクラブなどを捜査するという周遊型ゲーム。キャラクターデザインは 「逆転裁判シリーズ」の岩元辰郎。出演は大塚明夫、関俊彦、加藤英美里、雨宮空、早見沙織ほか(敬称略)。

(C)TOKYO MYSTERY CIRCUS All Rights Reserved.

《ねんね太郎》

この記事の写真

/

関連ニュース