『スプラトゥーン2』Ver.4.3.1はどう変わった?メイン性能アップや注目サブウェポンに大きな調整

『スプラトゥーン2』Ver.4.3.1の変更点をかいつまんでお伝えします。

任天堂 Nintendo Switch
『スプラトゥーン2』Ver.4.3.1はどう変わった?メイン性能アップや注目サブウェポンに大きな調整
『スプラトゥーン2』Ver.4.3.1はどう変わった?メイン性能アップや注目サブウェポンに大きな調整 全 6 枚 拡大写真

◆あのふたつが下方修正「優秀なサブウェポンの調整」



新サブウェポンであるタンサンボムとトーピードも調整されています。タンサンボムは2回目の爆発塗り半径が約15%縮小、3回目の爆発塗り半径が約21%縮小。塗る力がかなり強かったので、ふつうに下方修正という感じです。

トーピードはインク消費量がやや増え、飛び散るインクの爆発ダメージが18.0から12.0に減少しました。ただし、バブルランチャーへのダメージは据え置き。ちなみに、おちばシューターは専用インクタンクを獲得していますよ。

◆強いブキは叩かれる「クーゲルシュライバーの下方修正」



一番大きな調整が行われているのはクーゲルシュライバーでしょうか。前述のようにメイン性能アップの効果も落ちていますし、さらにヒト移動速度アップの効果も減少しています。

さらにクーゲルシュライバー・ヒューのほうはスペシャル必要ポイントが190から200に調整。ここ最近はかなり活躍しているブキなので、こういった下方修正が入ったようです。とはいえ、まだしばらくは活躍が続きそうかも。


(C)2017-2018 Nintendo

■関連記事
  1. «
  2. 1
  3. 2

《すしし》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1