『Dragon Marked For Death』オーケストレーション風景を紹介するミュージックビデオが公開!情報発信番組の放送も決定

インティ・クリエイツは、1月31日発売予定のニンテンドースイッチ専用ソフト『Dragon Marked For Death』に関して、ミュージックビデオや情報発信番組の情報を公開しました。

任天堂 Nintendo Switch
『Dragon Marked For Death』オーケストレーション風景を紹介するミュージックビデオが公開!情報発信番組の放送も決定
『Dragon Marked For Death』オーケストレーション風景を紹介するミュージックビデオが公開!情報発信番組の放送も決定 全 15 枚 拡大写真

インティ・クリエイツは、1月31日発売予定のニンテンドースイッチ専用ソフト『Dragon Marked For Death』に関して、ミュージックビデオや情報発信番組の情報を公開しました。

本作は、最大4人同時プレイが可能な本格2D横スクロールアクションRPGです。ドラゴンの力を受け継いだ全く異なる4種のプレイアブルキャラクター(皇女/戦士/忍び/魔女)を操作し成長させ、時にはマルチプレイでクエストを攻略するなど、独自のダークファンタジー世界で繰り広げられる物語を楽しめます。

また本作は、本日1月10日よりダウンロード版『Dragon Marked For Death ベーシックセット - 皇女と戦士 -』、『Dragon Marked For Death エキスパートセット - 忍びと魔女 -』のあらかじめダウンロードを開始しました。

◆オーケストレーション風景を紹介するミュージックビデオを公開


『Dragon Marked For Death』全77曲のオーケストレーション風景を紹介するMV(ミュージックビデオ)を公開しました!『Dragon Marked For Death』の物語が繰り広げられる”レムリア大陸”は、5つの国々により統治されており、それぞれの国には地方色の濃い音楽が存在します。

その地方色を再現すべく、サウンドプロデューサーのIppo Yamadaの依頼で、レコーディングプロデューサー仲間将太氏を迎え、ボストン(アメリカ)、プラハ(チェコ)、クアラルンプール(マレーシア)、沖縄の世界4カ所で、オーケストラサウンドの同時収録を敢行しました。その風景を1本の紹介映像にまとめましたので、是非ご覧ください!

■『Dragon Marked For Death』ミュージックビデオ


■ミュージックビデオ収録風景







■仲間将太(なかましょうた)

Video Game Orchestraの総合プロデューサー。VGOから派生したプロダクション会社がsoundtrek。『ゴッドイーター』、『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』、『キングダム ハーツ HD 2.5 リミックス』、『ファイナルファンタジーXV』などの録音に関わる。

■STAFF CREDIT

INTI CREATES Co., LTD. Presents
"Theme of Dragon Marked For Death"

Composer: Ippo Yamada
Arranger/Orchestrator: SNSM

Producer/Recording Director: Shota Nakama
Mixing Engineer: Falk Au Yeong
Mastering Engineer: Ryo Kawakami

Performed
soundtrec Orchestra at Fraser Performance Studio
Filmharmonic Orchestra, Prague at Smecky Music Studio

Electric Guitar: Masato Itoh
Electric Bass: Louis A. Ochoa
Piano: Devin Kinoshita
Drums: Shunsuke Uehara

Recorded & Produced by soundtrec
Filmed by Ernesto Galan
Edited by Phono-Vision

◆情報番組開始のお知らせ



1月16日(水) 夜9:00から、隔週配信のドラゴン・マークト・フォー・デス情報発信番組「Dragon Marked For Live」の配信を開始します!MCに声優の田中健大さん(俳協)を迎え、レギュラー出演者として宮澤名人(インティ・クリエイツ)が参加。ドラゴンMFDの最新情報はもちろん、インティ・クリエイツのあらゆるタイトルの情報をお伝えします!

第1回は『Dragon Marked For Death』に出演している声優陣の情報を初公開!その他、最新情報を紹介予定です!ご視聴よろしくお願いします!

■番組概要

・番組名:Dragon Marked For Live 第1回
・日時:2019年1月16日(水) 夜9時~
・MC:田中健大(俳協)
・出演:宮澤名人(インティ・クリエイツ)

■配信サイト

・ニコニコ動画:http://live.nicovideo.jp/watch/lv317834719
・Youtube Live:https://gaming.youtube.com/user/inticreates/live
・FRESH!:https://freshlive.tv/inticreates/259088

◆本日よりダウンロード版の”あらかじめダウンロード”開始!



本日1月10日より『Dragon Marked For Detah』のダウンロード版である『Dragon Marked For Death ベーシックセット - 皇女と戦士 -』と『Dragon Marked For Death エキスパートセット - 忍びと魔女 -』のあらかじめダウンロードを開始しています!

下記のあらかじめダウンロード期間に購入すると、パッケージ版の初回生産特典と同様のDLC装備「雷霆の武具」が付属します!価格は各1,960円(税込)です。ダウンロード版をご検討の皆様は、是非この期間にお買い求めください!

■あらかじめダウンロード期間

2019年1月10日 0時00分 ~ 1月30日 23時59分

■あらかじめダウンロードページ

・『Dragon Marked For Death ベーシックセット - 皇女と戦士 -』
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000001452

・『Dragon Marked For Death エキスパートセット - 忍びと魔女 -』
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000017107

■DLC装備「雷霆の武具」


※「追加プレイアブルキャラクター」を1,815円(+税)で追加購入可能です。
※「追加クエスト龍血の郷(2019年1月31日配信開始)」と「追加シナリオ龍血の盗賊編(2019年3月28日配信予定)」がプレイできる「追加シナリオシーズンパス」を907円(+税)で追加購入可能です。



『Dragon Marked For Death』は、2019年1月31日発売予定。価格は、通常版が5,537円+税、限定版が9,241円+税、ダウンロード版の「ベーシックセット -皇女と戦士-」「エキスパートセット -忍びと魔女-」が共に1,815円+税です。

©Marvelous Inc. / INTI CREATES CO., LTD.

《茶っプリン》

この記事の写真

/

特集

関連ニュース

1